音楽コラム

【レビュー】「Amazon Music HD」が解禁したので早速試してみた!音質や料金, 対応機器は?

Amazonが2019年9月18日に、ついにハイレゾ聴き放題サービスに対応しましたね。

これにより「Amazon Music HD」は、音質において業界最大手のSpotifyを含む各社ストリーミングサービスのトップに躍り出ました。

翁
音質日本一のストリーミングサービスの誕生じゃ!

ハイレゾストリーミングといえば日本未上陸の「Tidal」というサービスが有名どころでしたが、業界第2位のAmazonがハイレゾ配信を始めたことは、ストリーミング業界にかなり大きなインパクトを与えるでしょう。

 

ハイレゾの再生はLTEやWiFi環境下が望ましいですが、今年から5Gの運用が日本でも始まるので、良いタイミングなのではないでしょうか。

さっそく登録して使ってみたので、レビューしていきましょう!

この記事を読めば、こんな事が分かります。

それでは、順にみていきます。

Amazon Music HD – アマゾン

ハイレゾってそもそも何?音質はどのくらい違うのか

Amazon Music HD

日本のハイレゾオーディオの定義に関しては、「JEITA」(日本オーディオ協会)によって明確に定義されています。

「ハイレゾオーディオ」(*注1)と呼称をする場合 ”CD スペックを超えるディジタルオーディオ“ であることが望ましい。

CDスペックとは、CDフォーマットで規定されている 44.1kHzサンプリング、16bit量子化と、DAT/DVDなどのフォーマットで使用されている48kHz サンプリング、16bit量子化のディジタルオーディオを指す。 LPCM換算でサンプリング周波数、量子化bit数のいずれかがCDスペックを超えていればハイレゾオーディオとする。 ただし、いずれかが CDスペックを超えていても、もう一方がCD スペック未満の場合は、非該当とする。

ハイレゾオーディオの呼称について(周知)- JEITA

つまり・・・

ハイレゾ音源 = CD(44.1kHz,16bit)、またはDVD(48kHz,16bit)を超えるクオリティ

「CDより少しでも音質が良ければ、ハイレゾ音源と呼んでもいいよ!」というわけですね。

CDを超える音質といってもその種類は一つではなく、「48kHz」「96kHz」「196kHZ」など、情報量の違いによっていろんな種類があります

娘
ふーん、ハイレゾといってもいろんな種類があるのね。

この数字は、1秒間にどのくらい細かく音の情報が入っているかという指標で、「サンプルレート」と呼ばれています。

大きければ大きいほど細かくなめらかな表現が可能になりますが、その分必要なサンプル数が増えるのでデータ量も増えていきます。

 

 

Amazon Music HDでは、「HD音源」と「ULTRA HD音源」という、2つの新たな音質が加わりました。

Amazon Music HDの音質比較

HD → CD音質(16-bit, 44.1kHz)

ULTRA HD → ハイレゾ(最大24-bit, 192kHz)

翁
Amazonではハイレゾ音源のことを「ULTRA HD」と呼んでおるぞ。

このようにULTRA HDなら、CDよりもさらに繊細な表現が可能になります。

「Amazon Music HD」の料金プランは?

料金プランは、こちらの表のとおりです。

プラン一般Prime会員ファミリープラン
Amazon Music HD月額1,980円月額1,780円月額2,480円

月額2,480円のファミリープランを使えば、最大家族6人でプランを共有することができます。

これまで行っていたAmazonストリーミングサービス「Amazon Music Unlimited」は月額980円だったので、価格はほぼ2倍です。

Amazon Music HDとAmazon Music Unlimitedの違いは音質のみですが、「音質にこだわる人ならこの料金設定でも利用するだろう」という、Amazonの強気姿勢がうかがえますね。

「Amazon Music HD」を最高音質で楽しむコツ

せっかくAmazon Music HDを使うなら、できる限り最高の音質で好きなアーティストの作品を聴きたいですよね。

ここでは、そのための方法をいくつかご紹介します。

パソコンの音質設定を確認しよう

通常Amazon Musicはウェブブラウザ上で聴くことができますが、「Amazon Music HD」だけはブラウザでの視聴に対応していません

なのでまずAmazon Music HDに登録したら、デスクトップ版アプリをダウンロードすることが必須になります。

パソコンに専用アプリをダウンロードしたら、次にパソコン側で音質の設定をしましょう。

CDのサンプルレートは44,1kHz, 16bitですが「Amazon Music HD」の曲は最高で192kHz, 24bitに対応しているので、パソコン側でも許容サンプルレートを上げてやる必要があります。

アプリ内でハイレゾ音源を流していても、パソコンの出力設定が正しくできていないと通常のCD音質と変わらない音になるので気をつけましょう。

以下の設定先で、サンプルレートを変更することができますよ!

・Windows – コントロールパネル→サウンド→出力先のプロパティ→詳細

・Mac – Audio MIDI設定→出力先→「フォーマット」

iPhoneやAndroidには対応しているの?

iPhoneやAndroidでも、ハイレゾと通常音質の違いを感じることはできます。

ただ、iPhoneなどのスマホに内蔵されている「DAC」と呼ばれるパーツは、専用機器に比べるとどうしても性能が劣ってしまうんですよね。

翁
音楽プレイヤーの音質は「DAC」の精度で決まると言っても過言ではない。

高音質で再生できるプレイヤーを新たに購入してしまうのも良いですが、せっかくスマホを持っているならスマホでも使える「DAC」または「ポータブルアンプ」と呼ばれる機器を繋いでハイレゾ音源を楽しむことをおすすめします。

「DAC」はパソコンにも接続できる「USB-DAC」というタイプのものがあるので、パソコンを持っているならこちらが良いでしょう。

DAPを使って最高音質を体験する方法

「DAP」というのはDACと似ていてややこしいのですが、「デジタル・オーディオ・プレイヤー」の略で、ソニーの「ウォークマン」のような音楽を聴くための専用機器のことを言います。

参考: SONY ウォークマン Aシリーズ NW-A106(B) – アマゾン

ウォークマンの最新機種だとAndroidが搭載されているので、Amazon Music HDなどのアプリをダウンロードして、オンラインストリーミングを楽しむことができます。

ソニーだけではなく「Fiio」や「HiByMusic」なども人気ですが、製品によってはかなりハイスペックで高額なものもあるので、実際に店舗で試してみてからの購入をおすすめします。

ハイレゾ対応のイヤホンやヘッドフォンは使うべき?

みなさんは、電気屋なんかで「ハイレゾ対応」のイヤホンやヘッドフォンを見かけたことはあるでしょうか?

ハイレゾ

世の中にはこんな感じのマークがついた機材がたくさんあって、「このマークがないとハイレゾ音源は聴けませんよ」と言われているような錯覚を起こしがちですが、実はこれは正しくありません。

娘
えっ、このマークのない製品でもハイレゾ聴けるの?

この商標は「日本オーディオ協会」というところが定めたもので、日本独自のルールに基づいているんですね。

例えば、このような規定があります。

・40kHz以上が再生可能

・メーカーや企業が日本オーディオ協会の会員であること

参考: 「ハイレゾリューション・オーディオ(サウンド)の取り組み」

この二つの条件を見れば、決してハイレゾ音源が聴けるクオリティの高い商品のみにロゴが付いているわけではないということが理解できるでしょう。

スペック面に関しては、40kHz以上の高域まで再生されるかという一点のみ!

イヤホンやヘッドフォンの音質というのはいろんな要因によって決まってくるので、40kHz以上出れば良いヘッドフォンという訳では決してありません。

さらに「日本オーディオ協会」の会員でないとハイレゾロゴを使うことが許されていないので、海外の素晴らしいオーディオ機器であってもわざわざ「日本オーディオ協会」の会員にならないとロゴの使用が許可されないんですね。

翁
なにやらお金の匂いを感じるのぉ…

なので、基本的にハイレゾ音源に対応していないイヤホン・ヘッドフォンというものはないということを理解してください。

自分の大好きなイヤホンに「ハイレゾロゴ」が付いていないからといって、心配する必要は全くありません。

「Amazon Music HD」を実際に使ってみた。対応楽曲や使いやすさはどうか

実際に登録して、試してみました。

Amazon Music Unlimitedならブラウザ上で聴くことができますが、Amazon Music HDを利用するには、まずアプリのダウンロードが必要になります

Amazon Music

Amazon Music

AMZN Mobile LLC無料posted withアプリーチ

 

端末によっては、超高音質のハイレゾ音源に対応していないこともあるので気をつけましょう。

例えばこちら。

楽曲の最大音質 - Amazon Music HD

楽曲自体は24bit/96kHzに対応しているのですが、僕のiPhone7は24bit/48kHzにしか対応していませんでした。

お使いの端末によって再生可能なサンプルレートは異なります。

24bit/48kHzなら一応ハイレゾの恩恵は受けられますが、せっかくならできる限り最高の音質で好きな曲を楽しみたいですよね。

Amazon Music HDの90日間お試しプログラムを利用して、お持ちの端末がどのサンプルレートに対応しているのかをしっかり確認しておきましょう。

 

使いやすさに関しては、Spotifyと比べても似たような感じでした。

Amazon Musicのアプリ内で「Ultra HD」(ハイレゾ)の楽曲を特集しているので、アプリを開けばすぐにいろんな楽曲をハイレゾで聴くことができます。

ハイレゾ楽曲の特集 - Amazon Music HD

ハイレゾ音源を一聴しても「違いがあまり分からない!」という人もいるかもしれませんが、よく耳を凝らして聴いてみると、音の柔らかさや粒の細かさなど従来の音質よりかなり豊かなサウンドであることが分かると思います

良いヘッドフォンやスピーカーで聴くとより違いが分かりますが、iPhoneに付属しているイヤホンなどでも多少の違いはわかります。

僕の自宅のスピーカーは、オーディオマニアの人たちが持っているような素晴らしいものではありませんが、音の違いをしっかり感じることができました!

「Amazon Music HD」は「ギガ」(通信量)をどのくらい消費するのか

最高音質である192kHzの楽曲を再生すると、1分間で約12MBのデータ量を消費します。

仮に1曲7分だとすると、40曲聴かないうちに3GBのデータ量を消費します。

ハイレゾだともっと通信量がかかると勝手に想像してましたが、3GBで数十曲は聴けるんですね。

しかしうっかり再生しっぱなしにすると、すぐに通信制限がかかってしまうので注意が必要です。

「Amazon Music HD」は料金に見合う価値があるのか?登録はこんな人におすすめ

Amazon Music HDは、月額1,980円と決して安いサービスではありません。

そのため、たまにしか音楽を聴かないという方にあまりオススメできるサービスではありませんが、以下のような方にはぜひオススメします。

1. 普段からCDをよく購入する

2. SpotifyやAmazon Music Unlimitedを使っているが、音質がイマイチなので聴いていて楽しくない

3. 自宅に音楽用のスピーカーがあって、高音質で音楽を楽しむ環境がある

4. 音楽制作をしているので、いろんな楽曲を研究して音の細部まで聴き取りたい

今まではハイレゾ音源を聴きたければ、CDを買うかネットでハイレゾ音源を購入するしかありませんでした

ハイレゾ音源はmoraなどの音楽配信サイトで購入することができますが、一曲500円近くするので、ハイレゾでたくさんの曲を楽しむというのはあまり現実的ではありません。

娘
映画でももっと安くレンタルできる時代なのに。
翁
いかに今までハイレゾ音源を楽しむ環境が整っていなかったのかが分かるのぉ。

ところがAmazonがハイレゾストリーミングを始めたことで、その裾野が一気に広がったのです。

月額1,980円は一見高いと思われるかもしれませんが、今まで高音質を求めてCDやハイレゾ音源の購入にお金を費やしてきた人にとっては、むしろ安すぎるといえるでしょう。

 

高音質で自分の好きなあの曲を聴いてみたい!という人は、登録してぜひその違いを体感してみてください😌

Amazon Music HDを無料で試してみる

※ちなみに無料体験だけしてみたいという方は、登録したその場ですぐ解約手続きをしましょう。

すぐに解約手続きをしても、無料期間いっぱいまでは無料でハイレゾ音源を楽しめますよ。

⬆目次に戻る

1+
この記事も読まれています