音楽コラム

【まとめ】Canvaとは?全アーティスト必須の無料デザインツールを徹底解説!(2020年版)

2017年に日本に上陸したばかりのデザインツール「Canva(キャンバ)」についてご紹介しましょう。

自ら宣伝を行うアーティストやDJの方は要チェックです!

「Canva」とは

デザインツールといえばまず思い浮かぶのがPhotoshopですが、最近サブスクリプション方式に販売方法が変わり月1000円近く払って利用しなければならなくなりました。

「滅多に利用しないサービスにそんな大金払えるか!」と嘆きの声が聞こえてきそうです。

さらに自由度が高いがゆえ、慣れないとなかなか使いこなせないというデメリットもありました。

そこで登場したのが、これから紹介する海外発デザインツール「Canvaです。

Canva-ポスター、ポストカード、バナー、挨拶状のデザイン

Canva-ポスター、ポストカード、バナー、挨拶状のデザイン

Canva無料posted withアプリーチ

ダウンロード不要! オーストラリア発のデザインツール

「Canva」のすごい点は3つあります。それは、

1. 無料で使える(有料オプションもあり)

月10ドルほどの有料会員になればさらに膨大な素材にアクセス出来ますが、無料でも多くの素材が用意されています。

2. ダウンロードが不要

ブラウザ上で使えるので、すぐにデザインを始めることができます。

さらにどのパソコンからでもログイン出来るので外出先でもデザインが出来るメリットもあります。

3. だれでも直感的にデザインできる

難しい操作は一切なし。シンプルなUIに加えてチュートリアル動画なども充実しているので初心者でも簡単にデザインができます。

私はデザインに関してはど素人ですが、この記事の一番上にある「Canva×Artist」のデザインは3分ほどで簡単に作ることができました。

さらにスマホアプリにも対応しており、こちらでも作成や変更を行うことができます。

iPhone/iPadアプリ

Androidアプリ



「Canva」の使い方(基本編)

良質なテンプレートで誰にでも本格的なデザインが可能

f:id:studiookina:20180111235536p:plain

100万点を超える素材の中から選べ、FacebookやInstagramなどSNSごとのデザインテンプレートがあります。

中にはTwitterのヘッダーやYouTubeサムネイルなども。

豊富なフォントで文字入力

f:id:studiookina:20180112000530p:plain

日本語フォントにも最近対応し、多くの秀逸なフォントが使えます。

自分の写真や無料のアイコンも使える

f:id:studiookina:20180112002902p:plain

Instagramのようなフィルターで、簡単に自分の写真を加工。

このフィルターが結構優秀なので、あとは明暗などをちょこっと調整するだけでそれっぽいデザインになります。

今回は「CALI」というフィルターで淡い感じにしてみました!

アーティストのための「Canva」応用例

「Canva」はいろんな用途をイメージして作られているため、ものすごく応用がききます。

アーティストロゴ

f:id:studiookina:20190515104038j:plain

もうなんかそれっぽい!

フライヤー

f:id:studiookina:20180112010937p:plain

こちらは有料みたいですね。写真に「Canva」の文字が入っています。

印刷用にPDFでダウンロードすることも可能です。

インビテーション

f:id:studiookina:20180112012246p:plain

ほんとに良質なコンテンツばかり

文字の配置やフォントも自由自在です。

CDアートワーク

f:id:studiookina:20190515103934j:plain

こんなのが無料なんて信じられないですよね。

Canvaで作ったものは外部から画像など引用していなければ著作権フリーなので、今すぐあなたのWebページやアートワークなどで使用することができます。



まとめ

有料版だとサイズを自由に変更できたり、オリジナルフォントを取り込んで使用したり出来るようですが、ほとんどの方は無料版で事足りてしまうと思います。

無料版ですら商用利用が可能です。

アーティストで、「自分たちでジャケットやフライヤーを作りたいけど、デザインがいまいち苦手なんだよね」とか、「今度DJすることになったから、色んなとこでオシャレに宣伝したいな」という方まで様々なニーズに答える最強のデザインツール「Canva

是非とも使ってみてくださいね。