DJ

【簡単】DJの僕が実践している「新しい音源」を見つけるための3つの手順

今日は、僕が普段から行っている音源の集め方について解説していきます。

DJって新しい曲を集めるの大変ですよね。

みんなと似たような曲を流しても個性がないので、「誰も知らない新しい楽曲を見つけたい!」と思っていても、どうやって探せば良いのか分からないという人も結構いるかもしれません。

そこで今回は、芋づる式で次々に曲が見つかる「オススメの音源発掘法」をご紹介していきたいと思います。

 

以下の3つの手順を使えば、誰でも簡単に「自分好みの新しい曲」を見つけることができますよ。

1. 「Shazam」で気になる曲を調べる

2. 「Spotify」で関連曲や関連アーティストを見つける

3. 「Soundcloud」と「Beatport」でさらに深堀りする

娘
たった3つで良いのね〜。
翁
この方法を使えば、無限に新しい音源を見つけられるぞ。

それでは早速、詳しく説明していきましょう。

① Shazamで気になる曲を調べる

まず、「Shazam」という無料アプリをダウンロードしましょう。

これは音楽をスマホやパソコンに聞かせるだけで、その曲の「タイトル」や「アーティスト名」を調べてくれるとても便利なアプリです。

Shazam - 音楽認識

Shazam – 音楽認識

Shazam Entertainment Ltd.無料posted withアプリーチ

このアプリを使って他のDJが流している曲や、好きなアーティストのDJミックスに出てくる知らない曲なんかを調べてみて下さい。

いくつか自分好みの曲が集まったら、次はSpotifyの「レコメンド機能」を使って関連曲を探していきます。

② Spotifyで関連曲や関連アーティストを見つける

ここですぐに「Beatport」や「Soundcloud」を使って曲を探していくのも良いですが、Spotifyの「レコメンド機能」を使えば、もっとたくさんの曲を見つけることができるんです。

Spotify – 公式ページ

まず、Spotifyでは楽曲のメニュー画面から「Radioに移動」という機能を使うことができるので、それを使ってみましょう。

すると、その楽曲に関連するいろんなアーティストの曲がプレイリスト化されます。

これはかなり優秀な機能なので、次々に好みの曲が見つかります。

また、アーティストページから「Radioに移動」の機能を使えば、「アーティストRadio」という、そのアーティストに関連する曲をプレイリスト表示させることもできるので、「好みのアーティスト」と「好みの曲」のどちらからでも新しい曲を見つけることができますよ。

 

娘
ところで、これって「Spotify」じゃないとダメなの?

音楽ストリーミングサービスは「Amazon Music」や「LINE Music」などいろんな会社から出ていますし、レコメンド機能も「Spotify」だけの機能ではないのですが、ここでは「Spotify」を激プッシュしたいと思います。

なぜかというと・・・

①「Spotify」のレコメンドは他サービスに比べて優れている

②「Shazam」との連携で効率よく使える

この二つの理由があるからです。

①は、いろんな人が音楽ストリーミングサービスに関するレビューでも書いていますし、僕も実際にいろんなサービスを使ってみて「Spotifyのレコメンド機能が、一番リスナーの心を理解しているな」と感じたました。

②も重要なポイントで、Shazamは「Apple Music」と「Spotify」どちらかのサービスとアプリ間で連携することができます。

Shazamで調べた曲を、ボタン一つでSpotifyのアプリ上に表示させることができるというのは、たくさんの曲を集めないといけないDJにとってはかなり時短にもなりますし、別アプリをわざわざ開いて曲名やアーティスト名を入力するというストレスからも開放されます。

 

これらの機能を使って、お気に入りのアーティストや楽曲をどんどん見つけていって下さい。

翁
わし好みのアーティストがザクザク見つかるわい。

一通り見つかったら、次は「Soundcloud」と「Beatport」でさらに深堀りしていきますよ〜。

③ SoundcloudとBeatportでさらに深堀りする

知っている人も多いかと思いますが、世界最大の音楽ダウンロードサイト「Beatport」にもレコメンド機能というのがあります

Beatport – 公式ページ

これもなかなか優秀なので、購入前にレコメンドされている曲やアーティストをチェックしておきましょう。

気に入ったレーベルやアーティストを「フォロー」しておけば、新曲の情報をすぐにBeatportのページで確認することもできるので、Beatportの機能も最大限に活用して曲を探していきます。

 

そして「Soundcloud」を使った方法ですが、先ほど見つけたアーティストをSoundcloudで探してみると、そのDJが作ったミックスや「いいね!」しているDJミックスなどを聞くことができます。

SoundCloud: 音楽&オーディオ

SoundCloud: 音楽&オーディオ

SoundCloud Ltd.無料posted withアプリーチ

 

好きなアーティストの「DJミックス」なら信頼性も高く、自分好みの曲もたくさん見つかりますよね。

ミックス中に知らない曲が出てきたら、「Shazam」を使って調べてみて下さい。

ここからまた手順①に戻れば、エンドレスで曲を発掘することができるというわけです\(^o^)/

DJの僕が実践する「新しい音源」を見つけるための3つの手順 | まとめ

以上が、新しい曲を見つけるための3つの手順になります。

知っている人にとっては当たり前の内容かもしれませんが、「DJを始めたばかりでどうやって曲を探せばよいのか分からない」と感じていた人は、この方法をぜひ試してみて下さい。

 

あとは「YouTube」にもファンがとったDJパフォーマンスの様子が載っていたりするので、それをShazamにかけて検索してみるのもアリだと思います。

娘
最新のミックスだと、「未リリース曲」が多いんだけどね。

自身でレーベルを運営しているDJなら、未発表の曲をかけることも多いのでShazamに引っかからないかもしれません。

そういう時は、気長にリリースを待つしかないですねー。

 

これらの方法を、普段の「音源探し」に役立てもらえれば嬉しいです。

最新のEDMシンセからアナログモデリングシンセまで、プロも愛用する「人気のソフトシンセBEST10」をランキング形式で紹介しています!
あなたもここで、一生モノのソフトシンセを見つけてみませんか?
ソフトシンセランキングBEST10

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です