音楽で稼ぐ

音楽ブログの始め方 – 稼ぎ方とSEO対策も解説

ブログで稼いで生活している人が、世の中には一定数います。

純粋に自分の音楽に関する知識や情報を発信するために、音楽のブログを始めてみたいという方でも、それによって少しでもお小遣いが稼げたら嬉しいなと考える人はいるのではないでしょうか。

ブロガーやアフィリエイター(広告収入によってお金を稼ぐ人)を専門にしている人は月に100万円~1,000万円を稼いでいることも珍しくありません。

年間ではなく、月で1,000万円ですよ!?!?

 

ただ、そういった人たちは日々たゆまぬ努力をしてその結果を出しているわけで…

また稼げるジャンルというものもあるので、今から音楽のブログを始めようとしている人が月1,000万円の収入を期待するのはまず無謀だと断言しておきます。

お金を稼ぎたいなら音楽ではなく、最初から他の稼げるジャンルを選びましょう。

ここでは音楽で月2~3万円の利益を、楽しみながら稼ぐ方法を解説していきます。

 

とはいえ、月に2~3万円稼ぐ人も数百万稼ぐ人も、基本的には今から紹介する手順や方法で稼いでいますので、俺は音楽ブログでもっと稼ぎたいんだ!という熱い気持ちを持っている人にもこの記事は参考になりますよ。

音楽ブログでも、月100万円近く稼いでいる人ならいますから。

ブログは稼げる!でもブログにこだわる必要もない

いきなりこんなこと言ってなんですが、あなたがやるべきなのはブログじゃないかもしれません。

娘
え、どゆこと?

自分の好きなことを発信しながらお金を稼ぐというのは、何もブログにしかできないことではありません。

SNSだとさすがに収益化は難しいですが、今ならブログではなくYouTubeがあります。

しかもまだまだ、かなりのポテンシャルを秘めています。

2019年は大量の芸能人や有名人がYouTubeに移行していった年でしたが、稼いでいるブロガーもYouTubeにシフトしていることが最近は多いですね。

つまり「いまYouTubeは稼げる」ということです。

 

先ほど言ったように、ブログでも稼ぐ人は稼いでます。

ただブログは先行者利益も多く、昔から色んな人が試行錯誤して現在の地位を築いてきているので、その牙城を崩して大儲けするのはなかなか大変なんです。

YouTubeは人気だといってもまだまだ始まったばかりだし参入障壁も低いので、もし自分は話したりおもしろい企画を考えたりして音楽情報を発信する方が得意だと感じるならYouTubeも攻めてみるべきだと思いますよ。

僕がYouTubeではなくブログで情報を発信している理由は、動画より密度の濃い情報を短時間で伝えることができるからです。

YouTubeって一つの動画が短くても数分はあるので、大量の情報を短時間で与えることができないんですよね。

情報の受け手としては、かなり時間食い虫なんです。

文字なら必要な情報まで画面をスクロールして読み飛ばせて、人が喋る何倍もの速度で情報を伝えられる上、ネットの読み込み速度なんて気にする必要もありません。

 

YouTubeはが得意とするのは情報の量ではなく、感情に訴えかけることでしょう。

動画ってやっぱり人柄が見えるし、記憶にも残りやすいですよね。

最近は空いた時間で文字を読むより、動画を観る人が増えてきているのもYouTubeにとってはかなりの追い風です。

なので、一番いいのは両方やることです。

どっちも情報発信の手段としては優れているし、それぞれの良さがあります。

「稼ぐ」ということにおいても、どちらも収益化の道が用意されているので問題ありません。

その中で自分の得意な道はこっちだということに気付ければ、そちらに全力投球するというのもアリですね。

 

まずは自分の得意な方法を選ぶ、迷ったらとりあえず両方試してみましょう。

これくらいのスタンスで「まずやってみる」人が、インターネットの世界では成功しています。

ネットで稼ぐ仕組みを理解しよう

ネットで稼ぐためには、何か特別難しい仕組みがあるわけではありません。

簡単に説明すると以下のとおりです。

1. ブログを書く

2. ブログが認知されて人が集まる

3. 広告をはってみる

4. その広告がクリックされてブログの管理人にお金が入る

たったこれだけ。

ブログというのは、広告主の代わりに商品やサービスを紹介する「ネット営業マン」のようなものだったんですね。

4の広告によって収益が発生するプロセスは「クリック」だけではなくて、「その広告から実際に商品を買った」「資料請求した」「サイトに登録した」などといろんなカタチがあるわけですが、詳しくは後述します。

広告に関しても、「ASP」と呼ばれる企業の広告をまとめて取り扱っている仲介業者があるので、自分で電話をかけて契約を取りに行くといった面倒なことはしなくても良いようになっているんです。

翁
最近、足腰にガタがきておるから助かるのぉ

すべてネットで完結する&誰でも始めやすいからこそ、「ブログで稼ぐ」というのはビジネスとしてもたびたび取り上げられるんですね。

 

まあ仕組みを理解したところでそこから大金を得るのは簡単ではないんですが、まずはサイトを作って実際に始めてみないことにはイメージが湧かないでしょう。

それでは次からどうやってブログを作っていくのか、具体的にどのように稼ぐのかについてご紹介します。

ブログを作るなら「はてなブログ」か「ワードプレス」

まずブログを作ろうとなった時に「無料」か「有料」かという選択肢があります。

そして無料なら「はてなブログ」、有料なら「ワードプレス」をおすすめします。

はてなブログ – 無料。テンプレ豊富で初心者でも簡単に始められる

ワードプレス – 有料。カスタマイズが無限大でほとんどの本格的なブログに使われている

娘
そりゃ無料の方がいいに決まってるじゃん。

 

僕もはじめは、無料の「はてなブログ」からこのブログをスタートさせました。

はてなブログ

はてなブログのいいところは、ある程度のテンプレートが用意されているので誰でも簡単にブログを始めることができるということ。

そしてサイトの信用度もあるので、記事がある程度Google検索の上位に載りやすい仕組みになっています。

有料会員になれば、より自由度が広がっておしゃれなカスタマイズを行うこともできますよ。

 

ただ僕は、サイトが色んな人に見てもらえるようになってきたタイミングですべてを「ワードプレス」に移行しました

なぜなら、はてなブログなどの無料のサービスだといろんな規約もあって、自分の好きなようにサイトをカスタマイズしたり、収益化したりするのが難しいということに気付いたからです。

正直、サイトをまるごと移行するというのは最高にめんどくさかった…

ワードプレスに乗り換えるとサーバー代などで月1,000円程度かかるのでずっと無料のものを使っていたんですが、やりたいことが増えてくるとどこかのタイミングで必ずワードプレスに移行したくなるんですよね。

なので、ブログで稼ぎたいという気持ちが少しでもあるなら、必ず最初から「ワードプレス」を選びましょう。

ブログの規模が大きくなればなるほど、本当に移行はめんどくさくなりますよ。

移行に失敗すれば、最悪今までGoogle検索から来てくれていた大量のお客さんを失うことになりますしね。

 

ワードプレスでブログを始めると決まれば、とりあえず必要なものは二つです。

サーバー – ブログのあらゆる情報を保管する倉庫

ドメイン – ブログの住所

サーバーは調べればいくつも出てきますが、初心者なら王道の「エックスサーバー」を選んでおけばOKです。

とてもメジャーなサービスなので、何か困ったことがあっても調べればすぐに解決策が出てきます。

ちなみに、このサイト「スタジオ翁」もエックスサーバーの「X10プラン」で契約しています。

エックスサーバー

エックスサーバーなら、ドメインが一つ無料で付いてくるキャンペーンもよくやっているのでドメイン代も必要ありません。

ドメインとは「〜.com」や「〜.co.jp」といったブログの住所になる部分です。

他にも「〜.org」や「〜.me」などいろんなドメイン名がありますが、この選び方次第でサイトの優位性が大きく変わるということはありません

もっとも一般的な「.com」をとっておけば公式サイトっぽくてかっこいいし、見た目も良い。

その程度です。

 

もし「ドメインキャンペーンなんてやってねえよ〜」ということでしたら、このようなサイトでドメインを取得しましょう。

お名前.com

広告はどれを選べばいいの?おすすめのASPとグーグルアドセンス

先ほどお話した「ASP」という存在。

あなたと広告主をつなぐ大事な仲介役なのですが、これに登録しないと何も始まりません。

音楽系だとASPはだいたい限られてますので、これから紹介するASPにまとめて登録しておきましょう。

もちろん全て無料で登録できます。

A8.net

A8.net

A8は、アフィリエイト業界でもっとも巨大なASPです。

音楽以外でも紹介できそうな案件を探したければ、まずここを調べましょう。

音楽系もかなり充実していますよ。

アクセストレード

アクセストレード

アクセストレードは、サウンドハウスの案件があるのがデカイですね。

楽器や音響機材ならサウンドハウスがお買い得だということは、誰もが知るところだと思いますので。

他にも、以下のような音楽関連の広告があります。

もしもアフィリエイト

もしもアフィリエイト

ここは「Amazon」と「楽天」の商品を紹介できるので、必ず登録しましょう。

Amazonや楽天の公式ページで登録するよりもお得な報酬システムで、審査もゆるめです。

バリューコマース

バリューコマース

タワレコやe-onkyoのハイレゾストアなど、音楽案件がいくつかありますので一応登録しておきましょう。

適当にピックアップしただけなのですが、音楽案件は他にもいくつかあります。

 


あと必ず登録すべきなのは、Googleが提供する「Google Adsense」ですね。

Google Adsense

これは「クリック型広告」と呼ばれるもので、クリックされるだけで管理者に収入が入るという広告です。

広告の内容はGoogleが自動で決めているので、初心者でも収益を得やすくブログで稼ぐ際の必需品です。

どうすればブログに人が集まるのか?

すでにSNSでファンが付いているアーティストはブログにも人を集めやすいですが、そうでないならサイトに来てもらうために努力する必要があります。

ブログで一から人を集めようとすると、Google検索から来てもらうという流れが一般的ですが、その際に意識すべき項目が二つあります。

1. 検索キーワード

2. ペルソナ

とりあえず初心者はこの二つを意識することで、格段に検索で人が集まる可能性が高まるでしょう。

順に見ていきます。

検索キーワード

まず、誰もがGoogleで何かを調べたことがあると思いますが、その際にいくつかのキーワードを入力して検索しますよね?

あなたの記事がそのキーワードに関連するとGoogleが判断すれば、検索画面に記事が現れることになります。

記事を書く際は、必ずこの「キーワード」を意識して書きましょう。

キーワードは、1記事1〜3つが基本です。

例えば、CDを販売する方法を記事にしたいなら、キーワードは「CD、販売、方法」となるでしょう。

「キーワードから文章を構成し、読者のためになる記事を書いていく」ということを、まずは意識してみて下さい。

ペルソナ

ペルソナとは、ブログのターゲットとする読者のことです。

自分の記事を読んでくれるのはどういう読者なのか, どういう悩みを抱えているのかということを細かくイメージすることで、より具体性があって親しみやすい記事を書くことができます。

記事やブログ自体に親しみを感じることができれば、その人が提案する商品なら買ってみようかなという購買意欲にも繋がりますし、より読者にも喜ばれるブログになります。

いろんな世代やいろんな層に届けたいという考えでは、どこにも届きません。

ブログを書く際は、「誰に届けるか」をしっかり意識しましょう。

 

以上、紹介した2つはブログに人を集めるための超基本的な考え方です。

ブログに人を集めたい, もっと心に響く文章を書きたいと感じたら「SEO対策」などでググってみると大量の情報が出てきます。

気になる方は調べて勉強してみると良いですよ。

音楽ブログの始め方 – 稼ぎ方とSEO対策も解説 | まとめ

以上が、ブログの始め方と収入を得るための基本的な考え方の解説でした。

音楽ブログで稼いで生活するぞ!という考えはあまり持たないほうがいいと思いますが、ちょっとでも好きなことがお金になれば嬉しいものです。

音楽機材や移動費などアーティストは何かとお金がかかるので、少しでも自分の知識や経験をお金に変えて、より音楽に没頭できる環境を作っていけるようになると良いですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です