音楽サブスクリプション

楽天ミュージックは本当にお得?その仕組みやプランについて解説

こんにちは、スタジオ翁のIssey(@studiookina)です。

今日は、楽天の音楽聴き放題サービス「楽天ミュージック」について解説していきます。

楽天といえば、オンラインショッピングモールだけでなく、クレジットカードやモバイル, FX, 株式などいろんな分野を取り扱っているのが特徴。楽天のサービスを使えば使うほど、各サービスがお得に利用できるような仕組みになっています

この楽天ミュージックも、楽天ペイが利用できたり楽天のポイントが使えたりと、楽天会員ならさまざまなメリットを得ることができます。

そんな楽天ミュージックのアプリですが、他の音楽サブスクと比べると「どのくらい使い勝手が良いのか?」「音質や曲数は?」などといった気になる部分を、SpotifyやAmazon Musicなどのいろんな音楽アプリを5年ほど使っている僕が、実際に登録してレビューしてみました。

楽天ミュージックに登録しようか迷っているという人は、ぜひ参考にしてみて下さい^^

楽天ミュージックの基本情報

まずは、基本情報から。

運営楽天
料金月額980円/1,080円/500円
楽曲数6,700万曲以上
音質320kbps
無料期間90日間(楽天Payを利用した場合)
オフライン再生
歌詞表示

他の音楽アプリと大きく違うところは、「料金プラン」「曲数」「無料体験期間」ですね。

この3つを順にみてみましょう。

料金プラン

料金はAppleの決済を使うと月額1,080円ですが、楽天ペイで支払うことで980円と安く利用できる仕組みです。

表にまとめると、こんな感じ。

・月額980円 – 楽天Payを使用した場合

・月額1,080円 – Appleの決済を使用した場合

・月額500円 – ライトプラン(楽天Payのみ)

楽天Payを使った方がいろいろメリットが多いので、楽天ミュージックを使うなら登録しておいた方が良いでしょう。

「ライトプラン」は楽天だけのお得なプランで、音楽の視聴時間が月20時間以内なら月額500円でサービスを利用できるというもの。

このあと詳しく紹介しますが、これは人によってはかなりお得なプランだと思います。

曲数

登録曲数は6,700万曲以上と、業界最多クラスです

Amazon Musicの登録曲数「6,500万曲以上」を抜いて、業界No.1の曲数を誇る楽天ミュージックですが、楽天は登録曲数を100万曲単位で頻繁に更新しているので、業界トップと言われるAmazon Musicとどちらが多いのかは、正直よくわからないところです。

ちなみに僕が楽天ミュージックを試してみたところ、洋楽はAmazon Musicの方が豊富だなと感じました

いずれにせよ、6,700万曲がトップクラスの登録曲数であることは変わりないので、曲数で選ぶなら楽天ミュージックは間違いなく候補に入ってくるでしょう。

無料体験期間

楽天ミュージックの無料体験は通常30日間となっていますが、楽天Payで登録すれば90日間の無料体験を楽しむことができます。

いろいろメリットが多いので、ほとんどの人が楽天Payで登録をすることでしょう。

他の音楽サブスクも、たまに3ヶ月の無料キャンペーンを行なっていることがありますが、楽天ミュージックならいつ登録しても3ヶ月無料なので、これは大きなメリットと言えますね。

楽天ミュージックの特徴とメリット

Processed with VSCO with e1 preset

次に、楽天ミュージックに登録するメリットをみていきましょう。

ここで紹介するのは、全部で3つです。

① アーティスト/ソングラジオ

この機能がついている音楽アプリは少ないんですが、あると結構役に立つんですよね。

これは自分の好きなアーティストや曲を指定することで、それらに関連した曲を次々に再生してくれる機能です。

自分の好きな曲から、雰囲気が似ている曲だったり、その曲を選んだ人が好みそうな曲を勝手に選んできてくれるので、新しい音楽に出会える可能性もグッと高まりますよ

② ライトプラン

月20時間以内の再生なら月額500円で利用できる「ライトプラン」ですが、頻繁に音楽を聴くわけじゃないけど聴き放題でいろんな曲を聴いてみたいという人には、かなりおすすめのプランです。

このようなプランは、楽天ミュージック以外であまり見ませんね。

仮に1曲が6分だとすると、月に200曲も聴くことができるので、「あれ、俺このプランで十分じゃね?」という人は結構いると思います。

音楽サブスクは月額980円が相場なので、月に200曲も聴かないかもという人はぜひ検討してみて下さい。

③ 楽天ポイント

楽天を使っている人はご存知かと思いますが、1ポイント1円として利用できる楽天ポイントというのが、買い物するごとに貯まっていく仕組みがあるのですが・・・

これがなんと楽天ミュージックでも利用できて、

・1日10曲聴くと5ポイント

・1週間で5日以上、マイプレイリストから5曲以上聴くと10ポイント(トライアル会員のみ)

と、音楽を聴くだけでポイントが貯まる仕組みがあります。

このポイントは楽天ミュージックの月々の支払いにも使えるので、倹約家とってはかなり嬉しい機能ですよね。

楽天ミュージックの少し残念なところ

ここまでは楽天ミュージックのメリットについて見てきましたが、実際に僕が使ってみて気づいた「楽天ミュージックのデメリット」についてもお話しておきましょう。

特に気になったのは、次の2つです。

洋楽は弱いかも

曲数のところでも言いましたが、6,700万曲と業界一の登録曲数を誇っていますが、やはり日本のサービスというところもあってか洋楽はあまり充実していないなと感じました

僕の好みの楽曲が、たまたま見当たらなかっただけかもしれませんが、やはり海外の曲をメインで聴きたいなら、海外のサービスに登録すべきだなと感じましたね。

有名どころは「Spotify」と「Amazon Music」です。

参考: 【比較】Spotify歴5年の僕が「Amazon Music Unlimited」を使い始めたらどうなるのか。両サービスの音質や使い心地を独自の視点で書いてみる – スタジオ翁

操作性はイマイチ?

デザインは割とまとまっていてキレイなのですが、ちょっと反応が遅いというか「なんかサクサク動いてくれないな〜」という部分はありました。

僕はせっかちなので、そういった細かい部分が気になっちゃうんですよね。

これも人によっては許容範囲だと思うので、無料体験をする時にちょっと気にかけてみて下さい。

楽天ミュージックはこんな人におすすめ

さて、結局のところ楽天ミュージックはどんな人におすすめの音楽聴き放題サービスなのでしょうか?

僕が思う、楽天ミュージックを使った方がいい人は・・・

・楽天を普段からよく使う

・音楽を聴く時間が月20時間以内

・とにかく安い音楽サブスクを探している

・邦楽好き、登録曲数が多いものを選びたい

このような人たち。

楽天会員なら貯まったポイントも使えるし、楽天Payの利用で月額も安くなるので気軽に利用しやすいですよね。

実は、CDや音楽DVDなどが300円オフになるという、楽天ならではの特典もあるので、音楽関連のグッズをよく購入するという人もお得に利用できます。

ライトプランは、他の音楽サブスクには無いとても便利なプランなので、月に20時間も音楽を聴かないよという人にはかなりおすすめです。

楽天ミュージックは本当にお得?その仕組みやプランについて解説 | まとめ

いかがでしたでしょう。

楽天ミュージックは、全体的として見るとなかなかクオリティの高いサービスだと感じました。

他の音楽サブスクと比べても特別大きなデメリットはないし、デザインもまとまっていて登録曲数も多く、レコメンド機能も充実しています。

あとは「自分の聴きたい曲があるか?」「自分にとって使いやすいかどうか?」という部分が決め手になるかと思うので、無料キャンペーンを使って実際に試してみて判断するのが良いでしょう。

参考: 楽天ミュージック – 公式ページ

この記事が、楽天ミュージックへの登録を迷っている人の参考になれば嬉しいです😌

⬆目次に戻る

【2020年】音楽配信サービス17個を実際に使って比較してみた - 最強のサブスクはどれだ!?Apple Music, Spotify, Amazon Musicなど全17個の音楽サブスクリプションを、サブスク歴5年の僕が実際に登録してすべて試してみました。料金や曲数, 音質など比較しながら、あなたにぴったりのサービスを紹介します。...
0

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です