音楽サブスクリプション

YouTube Musicは登録すべき?Premiumとの違いも徹底解説

こんにちは、スタジオ翁のIssey(@studiookina)です。

今日は、音楽サブスクの一つ「YouTube Music」をご紹介します。

音楽はYouTubeの動画で聴いているという人もいるかと思いますが、YouTubeは個人でも気軽に投稿ができるため、低品質な動画があったりアルバムとしてまとめて聴けなかったりといったデメリットもいろいろあるんですよね。

そんなYouTubeで音楽を聴く時のわずらわしさを解消してくれるのが、YouTube Musicという音楽聴き放題サービス。

世界最大の動画サイトという強みを生かしつつ、他の音楽サブスクのような機能もかね備えた、かなり便利な音楽聴き放題サービスです。

この記事では、YouTube Musicの特徴やメリット, 実際に使ってみた感想, どんな人におすすめのサービスなのかという部分を解説していきます。

翁
YouTubeプレミアムとの違いも解説していくぞ。

YouTube Musicに登録しようか迷っているという人は、ぜひ参考にしてみて下さい。

YouTube Musicとは

「YouTube Music」とは、SpotifyやAmazon Musicと同じ音楽聴き放題サービスです。

他のサービスと違うのは、世界最大の動画サイト「YouTube(Google)」が音楽サービスを運営しているという点。

例えばYouTube Musicで曲を聴いている時、「この曲のMVが観てみたいな〜」と思ったらボタン一つで動画を再生できたり、曲を検索すれば関連のライブ動画がでてきたりと、とにかく動画との連携にすぐれています

普段からMVやライブ映像をよく観るという人にとっては、とても便利なサービスでしょう。

 

ちなみに、YouTubeを日常的によく観ているという人ならプラス300円程度で「YouTube Premium」にも登録できるのですが、これ結構おすすめです。

あとで詳しく解説しますが、これはYouTubeの広告がなくなったりYouTubeのすべての動画でバックグラウンド再生ができるプランで、Premiumに登録すればYouTube Musicにも自動的に登録されるのでかなりお得なんですよね。

まあ、その話は後ほど・・・

まずはYouTube Musicの基本的な情報についてみていきましょう。

YouTube Musicの音質や曲数は?

YouTube Musicの基本情報はこんな感じですね。

運営Google
料金月額980円〜
楽曲数不明(3,500万曲以上?)
音質256kbps(AAC)
無料期間30日間
オフライン再生
歌詞表示

いくつか他の音楽サブスクと違う点があるので、順に見ていきましょう。

料金

まず料金ですが、YouTubeの有料登録というのは基本的にスマホよりWEBから登録した方がお得になります

ちょっとややこしいので料金だけ別でまとめました。

YouTube MusicYouTube Premium
iPhone月額1,280円1,550円
Android/Web月額980円月額1,180円

なぜかiPhoneのサブスクリプションから登録すると、300〜400円ほど高くなってしまうんですよね。

僕も以前はこれを知らなかったので、長いあいだ無駄なお金を支払い続けていました…

Webで登録すれば月額980円なので、基本的には他の音楽サブスクと同じ料金ですね。

音質

次に音質ですが、256kbps(AAC)なのでApple Musicとまったく同じです。

「kbps」とか言われてもイメージしにくいかと思いますが、同じ価格帯の音楽サブスクと音質は変わらない思ってもらって大丈夫です。

ちなみにYouTube内の動画はおよそ192kbpsなので、動画で音楽を聴くよりは音質が良いのは間違いありません。

楽曲数

楽曲数は「3,000万曲」や「3,500万曲」などいろんなウワサがありますが、公表はされていません

他の音楽サブスクが5,000万曲前後の登録曲数なので、この数字はちょっと少ないかなと思ってしまいそうですが、僕が使ってみた感じだと邦楽も洋楽もけっこう充実していて特に不便なく使えたので、実際はもっと多い可能性もありますね。

よっぽどコアな音楽を聴かなければ、問題ないかなというのがここでの結論です。

歌詞表示

歌詞表示は対応している曲としていない曲があるようですが、実際使ってみるとほとんど対応していませんでした

なので、歌詞表示は△にしていますが、ほぼ×ですね。

この機能は使えないと思っておいたほうがいいです。

YouTube Musicに登録すべき3つの理由

さて、ここまで基本情報を確認してきましたが、次はYouTube Musicに登録するメリットを見ていきましょう。

ここでは、YouTube Musicならではのメリットを3つ見ていきます。

YouTube動画との連携がアツい

動画との連携は、YouTube Musicの大きな魅力の一つでしょう。

最初に紹介しましたが、音楽と一緒にMVやライブ映像も観たいという人なら、音楽サブスクの中でもYouTube Musicが一番便利です。

このように画面上部の「曲/動画」というボタンで、瞬時に切り替えることが可能です。

動画なしの方が音質は良いので、MVやライブ動画を観たければ「動画」に、それ以外の時は「曲」にして視聴するのがおすすめですよ。

この曲はMVが表示されましたが、この「動画」の部分にライブ映像が表示されることもあります。

追加料金でYouTube Premiumも利用できる

YouTube Musicは月額980円ですが、1,180円支払えば「YouTube Premuim」も利用でき、プラス300円するだけでいろんな特典があるので、せっかくならプレミアムへの登録をおすすめします。

YouTube Premiumの主な特典は、以下の3つですね。

1. 広告なし

2. 動画のバックグラウンド再生

3. 動画のオフライン再生

気に入った動画をダウンロードしたりバックグラウンド再生するのって、ぶっちゃけ公式じゃないアプリでもできてしまうので、以前の僕は「毎月お金払ってまで登録する価値ないかな〜」と思っていたのですが・・・

・YouTube内のコンテンツのクオリティが上がってきている

・結局、公式アプリの操作が一番ラク

こういった理由で、有料登録してしまっていますね。

YouTubeの動画でいろんな勉強をしたりもするので、外出先でもパパッと保存した動画を観れたり、バックグラウンド再生で音声のみを聴いたりと使い勝手はなかなか良いです。

正直、暇つぶしのためにYouTubeを使っているという人は、そこまでお金を払う価値がないかもしれませんが、YouTubeでビジネス系や音楽系のいろんな動画を観ているという人にはかなりおすすめですよ

音楽サブスクならではの機能もたくさん

YouTube Musicは動画との連携はもちろん、他社の音楽サブスクにあるような便利な機能も備えています。

「Discover Mix」や「New Release」といった、あなたが普段聴いている曲やアーティストから、おすすめ曲の紹介や新着リリースを紹介してくれる「レコメンド」と呼ばれる機能も利用できます。

もちろん楽曲のダウンロード保存や広告なしでの再生にも対応しているので、他の音楽アプリと同じように思う存分、音楽を楽しむことができますよ。

YouTube Musicのデメリットを考えてみる

ここまではYouTube Musicの良い部分を見てきましたが、デメリットについても考えてみました・・・が、

特に見つかりませんでした。

「いや、どんなサービスにもデメリットはあるだろ!」

そうツッコミをいただきそうなのですが、ほんと目立ったデメリットってないんですよね。

 

デメリットというか、「こんな人にはYouTube Musicはおすすめしないよ」というのはいくつかありまして・・・

・MVやライブ映像を頻繁に観ない

・曲数や料金, 使い勝手などを重視したい

このような人たちですね。

映像をあまり観ない, 音楽鑑賞に集中したいという人にとっては、アプリ内に動画が表示されるのは邪魔でしかないでしょうし、映像はたまにしか観ないというのであればYouTubeに行けば観れるので特に問題もないですからね。

映像をあまり観ないのなら、プライム会員の割引があって登録曲数No.1の「Amazon Music」だったり、業界最大手でレコメンド機能に優れた「Spotify」だったりといろんな選択肢があるので、他を検討してみてもよいかもしれません。

参考: 【比較】Spotify歴5年の僕が「Amazon Music Unlimited」を使い始めたらどうなるのか。両サービスの音質や使い心地を独自の視点で書いてみる – スタジオ翁

YouTube Musicがおすすめなのはこんな人

結局、YouTube Musicってどんな人におすすめなのでしょう?

僕の結論はこんな感じです。

・MVやライブ映像をよく観る

・YouTube Premiumにすでに登録している

・YouTubeをよく観る

機能としてもYouTubeと連携している部分が多々あるので、YouTubeを普段からよく使っているという人におすすめです。

すでにPremiumに登録しているという人なら、YouTube Musicも無料で使うことができますし、YouTubeをよく観るけど「広告がジャマだな〜」「オフライン再生したいな〜」という人ならPremiumへの登録ついでにYouTube Musicで音楽も楽しむといった感じの使い方がよいのではないでしょうか。

まあ登録曲数もけっこうあるしアプリ自体も使いやすいので、動画をあんまり観ないって人が使っても全然構わないんですけどね

YouTubeを頻繁に使うという人なら、間違いなくおすすめできる音楽聴き放題サービスです。

YouTube Musicに関するよくある質問

ここでは、YouTube Musicに関するよくある質問を2つ挙げてみました。

ひとつづつ見てみましょう。

Google Play MusicってYouTube Musicと関係あるの?

Googleはもともと「Google Play Music」というカタチで音楽サービスを提供していたのですが、YouTubeがGoogle傘下に入ったことで、Googleの音楽事業は「YouTube Music」に集約されました

Google Play Musicは今も運営されてはいますが、将来的になくなるということをGoogleが公式に発表しているので、Google Play Musicに今から登録するのはやめておきましょう。

PCでも利用できる?

PCなら、ブラウザとアプリで利用することができます

日本のサービスだとスマホアプリでしか使えないものも多いですが、パソコンでも使えると便利ですね。

YouTube Musicは登録すべき?Premiumとの違いも徹底解説 | まとめ

いかがでしたでしょう。

YouTube MusicはGoogleのサービスということもあって、大手のSpotifyやAmazon Music, Apple Musicなどと比べても、何一つ不自由なく利用することができます。

YouTube自体の人気もあって、有料会員数はずっと上り調子のようなので、まだまだ小さなサービスですが今後の成長にも期待ができますね。

他の音楽アプリと同様に、1ヶ月無料キャンペーンを行なっているので、「音楽聴き放題+動画」の便利なサービスをぜひ体験してみて下さい。

参考: YouTube Music – 公式ページ

⬆目次に戻る

【2020年】音楽配信サービス17個を実際に使って比較してみた - 最強のサブスクはどれだ!?Apple Music, Spotify, Amazon Musicなど全17個の音楽サブスクリプションを、サブスク歴5年の僕が実際に登録してすべて試してみました。料金や曲数, 音質など比較しながら、あなたにぴったりのサービスを紹介します。...
0