Ableton Live

【解決】Ableton Liveがクラッシュで起動できない時の対処法

最近、いい感じに仕上がってきたAbleton Liveのプロジェクトがいきなり起動しなくなりました…

何回やっても起動時にクラッシュするので途方に暮れていたのですが、いろいろ調べ回ってやっとのこと解決法を見つけたので、ここで共有したいと思います!

クラッシュの原因は1つではないですが、もしかしたらこれから紹介する対処法がみなさんの役に立つかもしれません。

「どうしても大事なプロフェクトが開けなくなったーーー!!!!」という人は、ぜひ試してみてください🙂

まず「クラッシュのトラブルシューティング」を見て解決してみる

とりあえずAbletonが急にクラッシュするようになったら、Abletonの公式ページで紹介されている、こちらのトラブルシューティングを片っぱしから試してみるのが良いでしょう。

参考: クラッシュのトラブルシューティング – Ableton

状況に応じたクラッシュへの対処法や、不具合の原因などが書かれているので、ぶっちゃけこのページが一番参考になりますね。

結果的には、僕もこのページを参考にしてクラッシュ問題を解決したのですが、この記事ではもうちょっと踏み込んだ、具体的な解決方法を紹介します。

起動時に100%クラッシュしてしまう

僕のケースは、Ableton Liveの起動時に必ずクラッシュするというもの。

なので、公式トラブルシューティングページの「手順3:Liveの起動時にクラッシュする場合」を参考に、まずはプラグインをすべて無効にしてプロフェクトを開いてみました。

「Alt」を押したままプロジェクトを起動し、プラグインをすべて無効にして立ち上げる。

この方法であっさりとプロジェクトが開いてしまったので、今回の原因は「プラグインによるもの」だということがわかりました。

 

この場合の対処方は、まず「使っているプラグインをすべてアップデートする」というものですが、僕は1つのプロジェクトに多くのサードパーティー製プラグインを使っているため、どのプラグインをアップデートすればよいのかわかりません。

てっとり早く問題のあるプラグインを特定するため、次の方法を使いました。

問題のあるプラグインを特定する方法

問題のあるプラグインを特定するには、先ほど紹介した「Altを押したままプロジェクトを起動する」方法を使います。

これで、以下のように「プロジェクト内で使われているすべてのプラグイン」が表示されるので、これを片っぱしからメモしていきます。

プロジェクト内で使われているプラグイン一覧が表示される

次にプラグインが保管されているフォルダから、先ほどメモしたプラグインをデスクトップに移動させます。

ちなみにプラグインが保管されている場所は、こちらを参考に確認してみてください。

・Windows – 「Windows / VSTプラグインのインストール場所について

・Mac – デスクトップの「ハードディスク」→「ライブラリ」→「Audio」→「Plug-Ins」

ここからプラグインをデスクトップに移動すれば、とりあえずファイルはクラッシュせずに開くはずです。

 

そして、デスクトップに移動した「Audio Unit」や「VST」プラグインを、順番にもとのファイルに戻してみて、どのプラグインを戻した時にクラッシュするのかを確認しましょう。

(たくさんプラグインを使っている人は少し面倒ですが、この方法で確実にクラッシュの原因がわかります)

この方法で調べてみると、僕の場合はNative Instruments「Komplete Kontrol」というプラグインが原因であることがわかりました。

原因となるプラグインを特定したあとは・・・

このプラグインをプラグインフォルダから抜くと、いったんはAbleton Liveを起動できるようになったのですが、数秒ですぐにクラッシュしてしまいます。

なので、このプラグインを「アップデート」してみましたが、状況は変わらず・・・

 

最終手段として、このKomplete Kontrolを一度アンインストールしてから、もう一度インストールし直してみるという手段に出ました。

するとこれが功を奏し、やっとクラッシュの問題は解決。

普通にプロジェクトファイルが開けるようになりました!!!

 

いやー、アップデートって大切なんですね。

身をもって実感しました。笑

Ableton Liveがクラッシュで起動できない時の対処法

今回の場合、DAWやOSが最新だったので「プラグインが原因じゃないかな?」と、最初からある程度の目処めどをつけて対処することができました。(それでもけっこう対処に時間はかかりましたが・・・)

ほとんどのクラッシュはDAWやプラグインのアップデートで解決できるかと思いますが、それでも特定できない場合はこちらのテクニカルサポートに連絡してみましょう。

何か解決策がわかるかもしれませんよ。

 

Ableton Liveのクラッシュについての記事は、以上となります。

この記事が、みなさんの参考になれば嬉しいです😃

⬆目次に戻る

この記事も読まれています