機材

Soundtoys 「FilterFreak」の特徴と使い方を解説!! あらゆる設定まで追い込める音楽的フィルタープラグイン

Soundtoysから「FilterFreak」をご紹介しましょう。

FilterFreak – Soundtoys

Moog Filter、Mutator、Sherman FilterBank、Mutronエンベロープペダルなど、古典的なアナログ機器に敬意を表しながら、セッションのBPMにシンクするLFOスウィープなど、プラグインならではの機能も盛り込んだFilterFreak。

FIlterFreak – Media Integration

FilterFreakはこの説明からも分かるように、さまざまな機能を盛り込んだ積極的な音作りのためのフィルタープラグインです。

「FilterFreak1」と「FilterFreak2」の2種類があり、それぞれの数字はフィルターの数を表しています。

ただのフィルターとあなどってはいけません。

FilterFreakは2種類のフィルターを駆使したり、自分で細かく設定したモジュレーションをかけて時間的変化を加えることで、かなり幅広い音作りができるプラグインとなっています。

DAWに付いているフィルターでは到底出来ないような、複雑な音作りが可能です

それでは、詳しく見ていきましょう。

Soundtoys 「FilterFreak」の特徴と使い方を解説!!

基本的にはすごくシンプルな作りです。

主に使用するのは左側のパネルにあるパラメーターたちですね。

MIX – 原音とエフェクトのバランスを決める

FREQUENCY – フィルター周波数を決める

RESONANCE – フィルターのレゾナンスを決める

MOD – フィルターをモジュレーションでウネウネ動かす時に使う

SHAPE – どの帯域にフィルターをかけるか決める

POLES – フィルターをどのくらい強くかけたいか決める

フィルターの絵がパネルに表示されているので、視覚的にもどのようにフィルターがかかっているのか非常に分かりやすいと思います。

 

真ん中のパネルはLFOセクションで、入力の大きさによってフィルターのかかり具合を買えたり、「TWEAK」ボタンで設定画面を開くことでさらに細かい設定まで出来るようになります。

以下の動画のように、薄く動きのあるフィルターをかけてあげることでアナログっぽい挙動を再現したりといった使い方も出来ますよ。

 

本当に使い方のバリエーションはさまざまです。

詳細設定まで詰めたいという方は、公式マニュアルをチェックしましょう。

FilterFreak – 公式マニュアル

Soundtoys 「FilterFreak」の特徴と使い方を解説!! あらゆる設定まで追い込める音楽的フィルタープラグイン | まとめ

FilterFreakは最大2つのフィルターを使って音作りを行えるので、予想だにしないサウンドが生み出せたりして使っていてなかなか楽しいプラグインです。

いろんな楽器に試してみることで、思いがけない音ができるかもしれません。

積極的な音作りに使うもよし、ちょっと動きを出すのに使ってもよし。

いろんな使い方を研究してみましょう。

FilterFreak – Soundtoys

「Plugin Boutique」でのDTMプラグインの買い方【圧倒的にお得】Plugin Boutiqueでの購入方法やお得な使い方を、画像付きで丁寧に解説していきます。セールはあるの?トークンやVCはどうやって使う?といった情報もまとめて紹介しています。...
0
この記事も読まれています