Ableton Live

【6日目】ミキシング | Ableton Live 10 基礎講座

こんにちは、スタジオ翁のIssey(@studiookina)です。

今日は、音のバランスを整える作業「ミキシング」について解説していきます。

音を調整する機材やソフトというのは数え切れないほどたくさんありますが、基本的にはこの2つだけおさえておけばOKです

1. EQ(イコライザー)

2. コンプレッサー

これから先、「このエフェクトを買えば音が劇的に良くなる!」とか何とか言って、いろんなプラグインがあなたを誘惑してきますが・・・

この2つをしっかり理解しておけば、他のエフェクトを使わなくてもかなり質の高いミックスができてしまうので、簡単そうで奥の深い「EQ」と「コンプレッサー」は初心者のうちに確実にマスターしておきましょう。

本日のゴールはこちら。

・EQの基礎を理解する

・コンプレッサーの基礎を理解する

・センドリターンが使える

センドリターンは、ミキシングのための便利な機能です。

DTMをしていると頻繁に使うことになるので、この機会にまとめて覚えてしまいましょう。

それでは、まずイコライザーから見ていきます\(^o^)/

EQ(イコライザー)

「EQ(イコライザー)」とは、音の周波数特性を変化させるエフェクトです。

EQは、カラオケやカーオーディオにも付いているのでなんとなくイメージできるかもしれませんが、要は低音をブンブン持ち上げたり、高音をシャリシャリ強調させたりと、特定の帯域を持ち上げたり引っ込めたりするエフェクトのことを言います。

翁
これが、Ableton Live付属のEQ、「EQ Eight」じゃ。

このように左から右に行くにつれて、音が高くなっていきます。

横についているパラメーターで、いろいろ調整をしていくのですが・・・

 

まず、EQの3つの使い方を見ていきましょう。

1. 余分な低音のカット

2. 不要な帯域のカット

3. 強調したい帯域のブースト

最初はどう使ったらいいのか、さっぱり分からないと思いますが、簡単に動画にまとめたので、こちらをご覧下さい。

コンプレッサー

コンプレッサーは、ダイナミクス(音の抑揚よくよう)を整えるエフェクトです。

ボーカルに使われることが多いですが、例えば、ボーカルって静かに歌うパートもあれば激しく情熱的に歌うサビもあったり、1曲を通して音の大小が結構ありますよね

音量が変わるたびにリスナーがイヤホンの音量をいちいち調整するなんて、面倒くさすぎてやってられません。

娘
そんな曲すぐにスキップしちゃうね。

なので制作者側で、ある程度ボリュームを整えてあげるというのがコンプの主な役割です。

これがAbleton Liveのコンプレッサーですね。

コンプの使い方は、主に3つあります。

1. ダイナミクス(音の抑揚よくよう)を抑えて、バランスを整える

2. 音の奥行きをコントロールする

3. サイドチェーン(ダッキング)エフェクトとして使う

コンプは音の抑揚を整えるだけでなく、実は「音の奥行き」もあやつることができるのですが、これはちょっと中級テクニックなので、また別の機会に紹介します。

次の動画では、「コンプの基本的な使い方」と「サイドチェーンコンプ」について見ていきますよ。

センド&リターン

最後に、「センド&リターン」を紹介しておきましょう。

最初はややこしく感じてしまうかもしれませんが、慣れてしまうとすごく便利なので、ぜひ仕組みを理解して活用してみて下さい。

これも、必ず覚えておきたい機能の一つです。

今日のまとめ

今日覚えた3つの機能は、音楽制作をしている人なら確実に使うものばかりです。

今回はそれぞれの基本的な機能のみを紹介しましたが、どれも簡単そうに見えて奥が深く、アイデア次第でいろんな使い方ができるので、興味がある人はGoogleやYouTubeで深堀りしてみるのも良いでしょう

 

次回は、Ableton Live内蔵の「オーディオエフェクト」について見ていきます。

センド&リターンの動画に少し登場した「リバーブ」や「エコー」などにも触れていきますのでお楽しみに!

それでは、また次回の講座でお会いしましょう😀

【7日目】オーディオエフェクト | Ableton Live 10 基礎講座 今日は「オーディオエフェクト」について学びましょう。 オーディオエフェクトの中には、前回登場した「EQ」や「コンプレッサー...

⬆目次に戻る

0

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です