音楽留学

【保存版】クラバーの聖地「イビザ島」の8つの主要クラブとパーティーを一挙公開する

こんにちは、Isseyです。

今日はクラブ好きなら誰もが知っている、スペイン「イビザ島」についてご紹介しましょう。

 

この記事は、このような方に向いています。

・イビザ島にはどんなクラブがあるのか知りたい

・イビザ島ではどんなパーティーをやっているのか知りたい

・イビザ島のパーティーではどんな音楽が流れているのか知りたい

 

イビザ島はヨーロッパのスペインに位置しており、日本から離れていることもあって日本人にはあまり馴染みがない島でしょう。

 

 

ヨーロッパ人にとって温暖な気候のイビザ島は、バカンスで訪れる方も多く知名度の高い観光地です

近年、日本から訪れる方も増えているようですが現地のクラブ情報があまり充実していないので、ここで主要なクラブやパーティーを一挙ご紹介しようと思います。

名古屋にクラブ「IBiza(イビザ)」というナンパ箱がありますが、そちらとは無関係です。

 

おそらくこちらのクラブ名は、スペインのイビザ島からとったものでしょう。

知らない方のために説明しておくと、スペインのイビザ島とは毎年7月から9月にかけて世界中のトップDJが集合し、超ド級のパーティーが毎晩、島の各所で行われるというクラブ好きにとってまさに夢のような場所です。



クラバーの聖地「イビザ島」の8つの主要クラブとパーティーを一挙公開する

イビザ島には大小さまざまなクラブがありますが、その中でも特に人気のクラブを8つご紹介します。

イビザ島といえば、まず「泡パーティー」という有名なパーティーを思い浮かべる方が多いかもしれません。

「イビザなんて派手な演出でミーハー客を楽しませるだけの娯楽施設の集まりだろ」と思われている方もいるかもしれませんが、世界中から著名DJが集合しているだけあって真の音楽好きを楽しませるパーティーも豊富に存在しています

ジャンルもテクノ, テックハウス, ディープハウス, ミニマル, EDM, チルアウト, 民族系など数多くありますので、自分の好きな音楽に合わせてクラブを選んでみて下さい。

それでは各クラブとパーティーをご紹介していきましょう。

Amnesia(アムネシア)

収容人数: 5,000人

 

イビザ島と聞いて、多くの方がまず思い浮かべるのがここAmnesiaかもしれません。

なぜならAmnesiaには、名物「泡パーティー」と呼ばれるパリピ全開のパーティーがあるからです

地元では「Espuma」と言います。

 

東京でも「泡パ」と称し、これを真似しているイベントを見かけますが、本場はまず規模が違います。

実際5年以上前に僕も訪れたことがありますが、身長の低い方なら命の危機を感じるほどの泡の量です

本場の泡パーティーならインスタ映えもばっちりなので、Amnesiaは初心者でも手軽にパーティーの本場を体感できる絶好の場所です。

 

音楽はどうかというと、泡パーティーのようなパリピのためのパーティーもあれば、ダンスミュージック好きを唸らせるパーティーも多々開催されています

有名どころだと、このあたりでしょうか。

Amnesiaのおすすめパーティー

月曜日「Cocoon」

水曜日「Steve Aoki Neon Future Ⅲ」

金曜日「Vagabundos」

土曜日「El Row」

順にみていきましょう。

 

Cocoon

 

Cocoonはテクノの重鎮Sven Vathがスタートさせた人気パーティーです。

このビデオでは1999年からのパーティーの歴史を簡単に振り返ることができます

2017年には東京のWombでも「Cocoon Tokyo」と銘打ってSven Vathのオールナイトセットが開催されていますね。

テクノなら間違いなしのパーティーです。

 

Steve Aoki Neon Future Ⅲ

 

Steve Aokiとは日系アメリカ人のDJでマイアミのUltraやベルギーのTomorrowlandでもプレイするEDM系のDJです。

DJ時に観客に向かって行うケーキ投げはかなり有名ですね。笑

EDM好きにオススメのパーティーです。

 

Vagabundos

 

こちらはチリ出身であるLucianoの名物パーティー「Vagabundos」です。

Amnesiaだけでなく「Pacha」や「Hi」などのクラブでも開催されています。

Lucianoは、ラテン要素を含んだミニマル寄りのDJが特徴です。

 

El Row

 

IbizaでDJもしている高城剛さんが、2012年のイビザ島おすすめパーティー第一位に挙げていたパーティーです。

イビサのベストパーティ。 – 高城剛

とにかく紙吹雪が舞うカオスなパーティーで、テックハウス好きに特におすすめです。

 

こちらは2018年に「SONICMANIA El Row」として、日本初上陸を果たしていますね。

 

Cafe Der Mar(カフェデルマール)

 

こちらはクラブではなく、カフェです。

「Cafe Der Mar」は、世界一の夕陽が観られる場所として知られています

その理由は水平線に沈みゆく美しい夕陽そのものだけでなく、DJが選曲した音楽を聴きながら夕陽を観るというとても贅沢な時間を過ごせることにもあります。

天候やその日の雰囲気などに合わせて選曲されるので、その日限りの特別な夕陽を楽しむことができますよ

さらにCafe Der Marはチルアウト系のコンピレーションアルバムとしても有名で、世界中で爆発的なヒットを出しています。

ゆったりした音楽を聴きながら夕陽を楽しみたいという方は、ぜひここを訪れてみることをオススメします。

クラブ遊びだけではない、イビザ島の違った顔が見られることでしょう。



Pacha Ibiza(パチャ イビザ)

収容人数: 3,000人

Pachaは、イビザで40年以上も営業を続ける老舗クラブです

併設されているPachaホテルに泊まればパーティーチケットが取得可能で、およそ15,000円から泊まることができます。

さらにパーティーのチケット代€40~50(4,000~5,000円)が含まれているので、なかなかのお得感です。

 

Pachaで楽しめるいくつかのパーティーをご紹介しましょう。

Pachaのおすすめパーティー

金曜日「Dixon presents Transmoderna」

日曜日「Solomon +1」

 

Dixon presents Transmoderna

主催のDJであるDixonは、昨年2018年まで行われていたResident AdviserのDJランキングで4年連続一位に輝いたDJで、Innervisionsというレーベルのオーナーでもあります。

音楽は、こちらのDixonとAmeがバルセロナで行ったDJプレイが参考になるでしょう。

 

日本でも何度もプレイしていて、僕も大好きなDJの一人です。

 

Solomun +1

 

主催のSolomumはDiynamicというレーベルを運営しており、世界の数々のフェスにも名を連ねるトップDJです。

Solomon +1はSpotifyのリストも作成されているので、興味のある方は聴いてみましょう。

 

その他

 

上記のパーティー以外にも、数多くの著名DJがパーティーを開催しています。

世界No.1のDJ年収を誇る「Calvin Harris」(年収54億円)や、その独特な音楽感で数多くのヒットを放っているDJ/プロデューサー「Diplo」など毎週トップクオリティのパーティーが楽しめるので、Pachaのホームページか現地観光局のパンフレットなどをチェックしてみましょう。

 

Ushuaia Ibiza(ウシュアイア イビザ)

収容人数: 4,000人

Ushuaiaは写真の通りプールやホテルを併設する、なんともラグジュアリーなクラブです。

Space Ibizaの後継である「Hi Ibiza」というクラブは、ここUshuaiaから徒歩2分の距離にあるので、遊び足りない方はHi Ibizaで朝までパーティーを楽しむことができます。

Ushuaiaのおすすめパーティーは以下の二つです。

Ushuaiaのおすすめパーティー

月曜日 「Big by David Guetta」

火曜日「Tomorrowland presents Dimitri Vegas&Like Mike」

 

Big by David Guetta

David GuettaはすでにPachaでの「F*** ME I’M FAMOUS」を成功させていますが、それだけにとどまらずここUshuaiaでも、新たに月曜日のパーティーを開催しています。

Tomorrowland presents Dimitri Vegas&Like Mike

Dimitri Vegas&Like Mikeは今やEDMフェスに欠かせない存在感を放つ二人組で、DJ MAGのTOP100 DJランキングではここ数年1位や2位の座に何度も輝いています。

二人の魅力は単なるDJにとどまらず、秀逸なマッシュアップと独特のMCで会場を盛り上げ、一体感をもたらすその腕にもあります。

 

Hi Ibiza(ハイ イビザ) – 旧Space Ibiza

収容人数: 5,000人

「Space Ibiza」というクラブが閉店し、新たにオープンしたのがこちらの「Hi ibiza」です。

おすすめのパーティーはこちら。

Hi Ibizaのおすすめパーティー

木曜日「Afterlife」

金曜日「F*** ME I’M FAMOUS」

土曜日「Black Coffee」

 

Afterlife

 

独自の世界観でテクノ界隈を賑わせているレーベル、「Afterlife」によるパーティーです。

パーティーもさることながら、レーベルからのリリースもかっこいいものばかりですので、とてもオススメです。

 

F*** ME I’M FAMOUS

もともとPachaで行われていたEDM界の重鎮David Guettaによるパーティーです。

David Guettaは現在「Big」というパーティーもUshuaiaで開催していることから、その人気の高さが伺えます。

 

Black Coffee

 

片腕のDJとして知られ、南アフリカを中心に絶大な人気を誇るハウスDJであるBlack Coffeeのパーティーです。

アフリカンなグルーブ, 民族系のハウスやテクノが好きな方なら、ぜひこのパーティーに参加することをオススメします。



Cova Santa Ibiza(コバ サンタ イビザ)

Cova Santaは現代的でおもしろいパーティーが数多くあり、個人的にイチオシのクラブです。

オススメパーティーは以下の通り。

Cova Santaでオススメのパーティー

木曜日「All Day I Dream」

金曜日「Shadows」

日曜日「WooMooN」

 

All Day I Dream

 

Lee Burridgeが主催するレーベル「All Day I Dream」のパーティーです。

このレーベルに関しては、以前に記事を書きました。

【日本未入荷】世界を席巻する次世代パーティー「All Day I Dream」とは一体何なのか - そして日本から同レーベルへのデビューを果たした日本人とは2011年、ニューヨークのブルックリンでルーフトップパーティーとして始まった「All Day I Dream」は、幻想的で浮遊感あふれる...

 

浮遊感のあるディープハウスで、新しいタイプのハウスミュージックです。

 

Shadows

 

Magdalenaが主催するこのパーティーは、なんと入場料無料です。

なおかつ、素晴らしいDJたちをラインナップしており、アンダーグラウンドのハウスやテクノDJにオススメのパーティーです。

 

WooMooN

 

WooMooNは動画をみて分かる通り、かなり独自の世界観を有するパーティーです。

世界的なスロー&サイケデリックムーブメントを体現しているこのパーティーに、ダンスミュージック通ならぜひ一度は訪れてほしいです。

REVIEW: WOOMOON IS A PSYCHEDELIC ADVENTURE OFF IBIZA’S BEATEN TRACK

個人的に、イビザ島のNo.1パーティーと言っても過言ではありません

 

Privilege Ibiza(プリヴィレッジ イビザ)

収容人数: 15,000人

目玉となるようなビッグアーティストが開催しているパーティーこそ少ないものの、収容人数15,000人のギネス記録を誇るPrivilegeは、イビザ島の定番クラブの一つです。

まとめ

いかがでしたでしょう。

気になるクラブやパーティーは見つかりましたか。

イビザ島のクラブシーズンはもともと7~9月の3ヶ月間ほどでしたが、現在は島全体の需要とともにオープニング時期が早まってきています

イビザには数日では堪能しきれない魅力がたくさんあるので、来年の夏はヨーロッパ人に負けないくらい長期休暇をとって、このパーティーアイランドを満喫してみてはいかがでしょうか。

 

2018年からはワーキングホリデービザも解禁したので、30歳までの方ならイビザ島で働きながら毎晩パーティーに参加するということも可能になりました

とても贅沢なワーホリですね。笑

ちなみにイビザ島には日本食料理やなども多数あるので、日本人でも多少の英語が話せるなら就業できる可能性は十分にありますよ。

貯金10万円しかなくても、海外留学の夢を叶える方法があることをご存知ですか?
ここで紹介する7つの裏技を使えば、憧れの留学にグッと近づくことができます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です