DTM

面倒なサイドチェインコンプをプラグイン1つで簡単に設定する方法

今日は、プラグイン1つでサイドチェインコンプを設定する方法を解説します。

※この記事はサイドチェインコンプの基本的な仕組みや、かけ方を解説する記事ではありません。

Logic ProやCubase, Sonar, Studio OneなどあらゆるDAWに付属している「コンプレッサー」を使ったノーマルな方法は、いろんなサイトで紹介されているのでそちらを参考にしてください。

翁
サイドチェインコンプの方法は、YouTubeでもたくさん解説されておるぞ。

ただこの方法は、トリガーやコンプの設定をいろいろしないといけないので、毎回これをやってると面倒なんですよね。

でもわざわざ面倒な設定をしなくても、今はとても便利なプラグインがあるので、今後サイドチェインコンプが多用される「ダンスミュージック系」の音楽制作をするなら、今から紹介する方法を断然おすすめします。

ちなみに「サイドチェインコンプ」ってこんな感じで、シンセやボーカルが「ンワンンワン」なってるエフェクトのことです。「ダッキングエフェクト」とも言いますね。

娘
こーるみぃいぃいぃいぃ〜♪

こういうあからさまなサイドチェインは「EDM的」すぎて今の時代だとちょっとダサいなと感じますが、ここまで目立たせなくてもさりげなく使うだけで、キックとベースをキレイに分離させたりシンセにノリやグルーブを出すのなんかにも使えますよ。

それでは、プラグインを使った超簡単な方法を解説していきましょう。

サイドチェインコンプはXfer Records「LFO Tool」を使うのがおすすめ

Xfer Records「LFO Tool」 – Plugin Boutique

さっそくですが、僕のおすすめするプラグインはこちらのXfer Recordsから出ている「LFO Tool」です。

「LFO」とは「Low Frequency Oscillator」の略で、シンセなどによく付いているサウンドを加工するためのエフェクトです。

このLFOをパンにかけることで音を左右に揺らしたり、フィルターにかけて時系列でフィルターを開けたり閉じたりすることで音に変化を出すというのが本来の使い方ですが、ボリュームにLFOをかけることでサイドチェインコンプと同じ効果を出すこともできます

この動画の2:19から、ベースサウンドにとても分かりやすいサイドチェインコンプをかけている様子を見ることができますね。

「LFO Tool」は、LFOの波形を自分で細かく調整できるのでとても便利です。

・サイドチェインコンプのかかり具合

・どのくらいサウンドのアタック部分を残すか

・どのタイミングでサイドチェインコンプをかけるか

こういったことが、DAWに入っているコンプレッサーを使うよりもはるかに簡単に調整できるんですね。

さらにこのLFO Toolにはサイドチェインコンプ用のプリセットもいくつか用意されているので、プラグインを挿したあとはエフェクトをかけたい楽器や全体とのバランスによって微調整するだけです。

 

似たようなプラグインで、Nicky Romeroというプロデューサーが出している「Kickstart」というものがありますが、あまりおすすめしません。

「Kickstart」- Nicky Romero

価格は1,500円ほどと安く、プラグインで簡単にサイドチェインコンプをかけられるという点ではLFO Toolと似ているのですが、LFOの波形が固定されているのでかなり簡易的なサイドチェインエフェクトしかかけることができません。

どうせ買うんだったら、細かくいろんな調整ができる「LFO Tool」の方を購入するのがおすすめですよ。

言い忘れていましたが、LFO Toolをを出している「Xfer Records」は、最近話題のウェーブテーブルシンセ「Serum」を作っている会社です。

このシンセを知っている人は、Xfer Recordsがどれだけ信用できるメーカーかすぐに理解できるかと思います。

 

ちなみに「LFO Tool」は、大型セール時でもあまり値下げしていません。

僕もずっとセールを待っていたんですが、ブラックフライデー時も値下げをしていなかったので、定価で購入しました。

こういった製品は「Plugin Boutique」で買ってポイントを貯めるのが、いちばん賢い買い方だと思います。

「Plugin Boutique」でのDTMプラグインの買い方【圧倒的にお得】みなさんはDTMプラグインを買うとき、メーカーの公式サイトや日本の代理店などで購入していますか? 公式サイトや日本の代理店, サウ...

面倒なサイドチェインコンプをプラグイン1つで簡単に設定する方法 | まとめ

今回はサクッと、サイドチェインコンプに使えるとても便利なプラグインを紹介しました。

曲作りの時にサイドチェインに毎回お世話になっているという人は、このプラグインを使う方法がとても便利なので試してみて下さい。

「LFO Tool」は、他にもサウンドを加工する際なんかにバンバン使えるプラグインなので、一つ持っておいても損はないかなと思います。値段もそんなに高くないですからね。

それでは、よいDTMライフを。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です