ハードウェア

Apollo Twin MKⅡのインプットを10chまで増やす方法 – ADATを使ったオーディオインターフェイスの増設

音楽制作を続けていると、マイクやシンセサイザーなどいろんな機材が増えてきますよね。

Apollo Twin MKⅡ」というオーディオインターフェイスをお持ちの方はご存知だと思いますが、インプットが2chしかなくステレオのシンセサイザーをひとつ繋いだら終わりです。

その2chにアナログミキサーを繋いでインプットを増やすという方法もありますが、PC内で音量のコントロールやミュートができないなどいろいろ不便なことがでてきます

娘
いろいろやりたくなってくると、2chじゃ物足りないね。

僕も以前は14chの「Mackie 1402」というアナログミキサーを使って無理矢理インプットを増やしていたのですが、この度ついに「Focusrite Scarlett OctoPreという8chのマイクプリを導入しました。

今回はそのレビューと導入方法について、お話ししようと思います。



Apollo Twin MKⅡのインプットを10chまで増やす方法 – ADATを使ったオーディオインターフェイスの増設

今回購入したのは、「Focusrite Scarlett OctoPre」というマイクプリです。

このForcusriteは、Focusrite Scarlett OctoPre Dynamicというアナログコンプが付いたモデルも出していますが、コンプならDAW内で後からかけることもできるので、今回は「Scarlett OctPre」という安いモデルを選びました。

これをApollo Twinに繋ぐだけでインプットが8chとアウトプットが8ch増えるので、機材をたくさん使う方は新しいオーディオインターフェイスを購入するよりも安くI/Oを増設することができます。

PADや48Vファンタム電源などもついて、インプットはマイクイン(XLR)とラインイン(PHONE)の両方に対応、サンプルレートは192kHzまでサポートされています。

Apollo Twin MKⅡへの接続にはADAT対応ケーブルが必要

ADATとは?
ADATは、アナログ入力を簡単かつ簡単に拡張する方法です。ADATは、安価な光ケーブルを使用して、最大8チャンネルのオーディオを伝送します。OctoPreの「ADAT出力」をオーディオ・インターフェイスの「ADAT入力」に接続し、サンプルレートとクロックソースを設定するだけで、オーディオ・インターフェイスの入出力を拡張することが可能です。ADAT入力は、多くのFocusriteおよびサードパーティのインターフェイスで利用できます。

Apollo TwinとScarlette OctPreを繋ぐのにADAT(エーダット)に対応したケーブルを購入する必要があります

このタイプのケーブルは使ったことがなかったのでどれを選べばよいか迷いましたが、今回はこちらのオーディオテクニカのケーブルを購入しました。

こちらのケーブルなら楽器屋でも販売していましたが、今回は近くの電気屋での購入。

電気屋の方には「ADATのケーブル」と言っても伝わらなかったのですが、どうやら「オプティカルケーブル」という名前のようでいろんなメーカーから販売されていました。

AT-OPX1」はApollo TwinとScarlett OctPre共に、形状もぴったりで音も問題なくでました。

翁
オーディオテクニカだと、音質面も安心じゃな。

ADATケーブルを繋いだらApollo TwinのConsoleで設定するだけ

オプティカルケーブルで両機材を接続したら、Consoleで設定をするだけです。

まずはSetting画面を開いて設定をしていきます。

Apollo Twin MKⅡの設定画面

Console Settingからこれらの設定を済ませましょう。

・Clock Source→Internal

・Digital Input→ADAT

クロックソースをScarlette OctPreにすることもできますが、Apollo Twinのままの方が音に張りがあってオススメです。気になる方はクロックソースをScarlette OctPreにして試してみましょう。

次にI/O Matrixでチャンネルの設定をします。

Apollo Twin MKⅡの設定画面 2

1, 2chはApollo Twinのインプットですので、3〜10chにScarlette OctPreのインプットをアサインします。各チャンネルのINPUTSを選択してひとつづつアサインしていきましょう。

設定を終えてConsoleのホーム画面に戻り、各チャンネルに好きな名前をつけましょう。

Apollo Twin MKⅡの設定画面 3

ADATで接続したチャンネルはApollo TwinのUnison機能やハイパスなどを使うことができません。

Unisonが使えないのは少し残念ですね。

48Vファンタム電源、PADなどの機能はScarlette OctPre本体で行えるので問題ありません。

以上で設定は完了です。

まとめ

インプットを手軽に増やすには、アナログミキサーの方が良いかもしれません。

しかしDAWとの連携となると、こういったデジタルで接続できるプリアンプの方が使い勝手もよくオススメです。

似たような製品だとBehringerが「ADA8200」という8chマイクプリを販売していますが、PADやファンタムがなくサンプルレートも48kHzまでしか対応していなかったので購入には踏み切れませんでした。そのような機能が必要でないという方は、こちらのADA8200という選択肢もありだと思います。

 

Behringerはとにかく安いのでScarlette OctPreの半額程度で購入できますが、在庫がほとんど出回っていないのが難点ですね。

Scarlette OctPreはこのくらいの性能のマイクプリでは、一番購入しやすい値段の製品です

ADAT対応のオーディオインターフェイスならApollo Twinでなくても使えますので、インプットを増設したいという方にはとてもオススメですよ。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です