音楽制作/DTM

【詳しく解説】バスコンプでミックスにまとまりを出す方法 – バスコンプを使った具体的なミックスの手順

自分の楽曲はどこかまとまりがない。楽器同士のつながりや一体感が足りない気がする。

ミックスをしていて、そんなことを感じたことはないでしょうか。

 

各チャンネルでの個別の調整も大切ですが、そんなとき「バスコンプレッサー」を使用すれば楽曲のクオリティをさらに上げることができるかもしれません。

バスコンプは楽曲全体にまとまりを出したり音圧を上げたり、各楽器を前に出して迫力を出したりとさまざまなメリットがあります

 

今日はそのバスコンプの使い方のコツや、使用する上で間違えやすいポイントなどをご紹介しましょう。



バスコンプレッサーとは

Bus Compressor」(バスコンプレッサー)は、別名「Glue Compressor」(グルーコンプレッサー)とも呼ばれます。

翁
「グルー」は日本語で、のりや接着剤という意味じゃな。

ミックスを、接着剤のようにくっつける役割のコンプレッサーということですね。

 

Ableton Liveなら「Glue Compressor」というCytomicと共同開発したバスコンプが入っていますので、Abletonユーザーはぜひ使ってみましょう。

バスコンプを目的としたコンプレッサーもいくつか市場に存在していますが、DAWに入っている標準のコンプでも十分にバスコンプとして使うことができます

 

まずは手持ちのコンプで、ミックスを「グルー」してみましょう。



【使い方】バスコンプを設定するための9つの手順

バスコンプといってもパラメーターは通常のコンプと同じなので、基本的なコンプの使い方を理解している方なら設定も簡単です

コンプのパラメーターがいまいちよく理解できていないという方は検索してみるか、Logic Proのユーザーならこちらの記事【まとめ】Logic Pro純正コンプレッサー使い分けのコツとそれぞれのメリットで、理解を深めてから読み進めるのがよいでしょう。

 

バスコンプの設定手順については「Musician On The Mission」という海外サイトに良記事がありましたので、こちらからご紹介しましょう。

6 MIX BUS COMPRESSION MISTAKES (THAT WILL DESTROY YOUR MIXES) – Musician On The Mission

 

1. レシオを1:3に設定する

2. スレッショルドを下げて10dBほどのゲインリダクションをとる

3. アタックタイムを遅めに設定する(100ms)

4. リリースタイムを速めに設定する(5ms)

5. アタックタイムを少しづつ速くして、トランジェントや楽曲の生命力が失われないギリギリのところまでもっていき、少しだけ戻す。

6. リリースタイムを少しづつ遅くする。ドラムのキックとスネアをソロで聴いて、それぞれの音の隙間でゲインリダクションが0まで戻るよう設定する。

7. スレッショルドを緩めて、ダイナミックレンジや音の厚みをコントロールする。通常バスコンプなら1-2dBのゲインリダクションがよい。

8. 通常レシオは低めの1:2にする。よりアグレッシブなコンプレッションを求めるなら1:4に設定する。

9. メイクアップゲインでコンプレッションによって下がった音量をもとに戻す。

 

 

バスコンプは楽曲全体のクオリティーを大きく変えないようアタックを遅め, リリースを速めに設定し、わずかだけコンプレッションをかけるのが基本です

上記で紹介した方法は一度大きくゲインリダクションをとった後に、アタックとリリースを調整しコンプを緩めて微調整をしていくという方法ですね。

 

僕もこのような方法で調整することが多いですが、試行錯誤してそれぞれのやり方をみつけてみましょう。

次にバスコンプを設定する上で、間違えやすいポイントをいくつか挙げてみます。

バスコンプの設定で間違えがちなポイント

コンプレッションが強すぎる

レシオは1:2~1:3くらい、ゲインリダクションは1~2dBが基本です。

ミックスを大きく崩さないコンプレッションを心がけましょう。

アタックが早すぎる(遅すぎる)

早すぎるアタックは平坦でつまらないミックスになってしまいます。

遅すぎるとトランジェントをとらえきれず、まとまりがでません。

躍動感とまとまりが同時に出るような、ちょうどいいポイントを探ってみましょう。

リリースが早すぎる(遅すぎる)

リリースが早すぎると、聴いていて不自然なコンプレッションになります。

遅すぎると前の音にかかっていたコンプが、次の音にまでかかってしまいます。

終始コンプがかかりっぱなしの平坦なミックスになってしまうので、コンプの切れ目がわからない, なおかつ自然なリリースタイムを心がけましょう。



おすすめのバスコンプは?

The Glue

 

The Glue – Cytomic

「Cytomic」から発売の定番バスコンプです。

EDMのプロデューサーがよく利用しているイメージですね。

名機SSLがモデルになっているバスコンプです。

SSL 4000 G Bus Compressor

 

SSL 4000 G BUS COMPRESSOR – UAD

SSLをモデルにしたプラグインのバスコンプはいろんなところから発売されていますが、こちらはUADから出ているので信頼できますね。

こちらのプラグインは数年前にアップデートされて、さらに品質が上がったように思います。

Solid Bus Comp

 

SOLID BUS COMP – Native Instruments

こちらは「Native Instruments」のKompleteシリーズに収録されているコンプです。

手軽に購入できて、使いやすいですよ。

API 2500 Bus Compressor

 

API 2500 BUS COMPRESSOR – UAD

APIも非常に有名なメーカーですね。

プラグインバージョンは、UADからも出ています。

まとめ

バスコンプはミックス全体にかけるほか、ドラムやそれ以外のバスにかけてバスごとにまとまりを出すという使い方もできます

僕はUADの「LA-2A Silver」を使って、ドラムバスのまとまりを出したりしていますね。

「Universal Audio 1176 Compressor」を使ってドラムにパンチを出すという方は多いと思いますが、「LA-2A」だとロック過ぎず、程よいバランスでグルーされますよ。

コンプによってかかり方や表情もかなり変わってくるので、上記のおすすめバスコンプ以外にもいろいろ試してみて、自分がこれというものを見つけるのもよいでしょう。

楽曲にまとまりや迫力が足りないという方は、ぜひバスコンプの手法を試してみてください。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です