DTM

【使用禁止】DAWのソロボタンはなぜ使ってはいけないのか?

突然ですが今日から、ミックス時にソロボタンを使用することを禁止します

 

いきなり何を言いだすんだ、ソロボタンを使ってチャンネルごとに楽器を調整していかないとキレイなミックスができないだろ!

そんな声が聞こえてきそうです。

ちなみにソロボタンというのはどのDAWにも必ずある、チャンネルを単体でリスニングするためのボタンです。「S」と表記されていることが多いですね。

今日は、普段ミキシングがうまくいかない人はソロボタンの使用をやめることで、ミックスの腕が格段に上がるかもしれないよというお話をします

一見とても便利に見える、ソロボタンのメリットと弊害をお伝えしていきましょう

DAWのソロボタンはなぜ使ってはいけないのか?

さっそく結論からいきましょう。

ソロボタンを使ってはいけない理由、

それは…

 

「ミックスはコンテキストだから」

 

以上です。

これでは何のことかさっぱり分からないと思うので、順に解説していきましょう。

ミックスはコンテキスト…とは

コンテキストというのは日本語で文脈と訳されます。

要するに、ひとつの曲はそれぞれの楽器のメロディが複雑に絡み合うことで成り立っています。なのでミキシングにおいてはこの「コンテキスト」を意識しないと、最終的によいミックスにはならないよということです

ミックスがうまくいかない人は、よくソロボタンを使ってひとつひとつの楽器を納得いくまで調整します。それぞれの楽器は単体で鳴らすと素晴らしい音なのですが、全体で再生した途端にバランスが崩れてしまいます

なぜ、こんなことになってしまうのでしょうか。

ミックスにおけるソロボタンの弊害

これは具体例でみてみるとわかりやすいでしょう。

例えばボーカルをソロボタンを使って単体で調整するとしましょう

EQやコンプレッサーの他、リバーブやディレイも使って最高のボーカルに仕上げます。

低域から高域までキレイに再生され、リバーブやディレイをふんだんに使ってリッチな空間を作り上げました。

さあ、全体で再生して聴いてみましょう。

 

すると完璧に仕上げたはずのボーカルの低域はにごり、どこか遠くから聴こえる感じがする。さらに個々の楽器とボーカルが分離せず全体的にモワッとしている

これは一例ですが、ソロボタンを使ったミックスはこのような結果になる可能性があります。なぜならコンテキストを全く無視してミックスをしようとしたからです。

 

全体で再生しながらコンテキストを重視したミックスを行えば、これは解決できます。

・低域のにごり

→EQで低域をカットしましょう。単体で聴くと気にならなくても、全体で聴くと他の楽器の低域と被っていてミックス全体の輪郭をぼやけさせる要因になっています。

・遠くから聴こえる

→コンプかけすぎです。うまくダイナミクスを調整したつもりでも、全体で聴くとハリがなく迫力が感じられません。アタックを遅めに設定するかスレッショルドを緩めてボーカルが前に出てくるまで調整してみましょう。

・他の楽器との分離がわるくモワッとしている

→リバーブが長過ぎたりやディレイがかかり過ぎていませんか。他の楽器の邪魔にならないようにかつ最大限ボーカルを気持ちよく聴かせられるようコンテキストを意識しながらエフェクトの値を調整してみましょう。

ソロボタンを使用するメリット

ではソロボタンは全く意味のないボタンかというと、そうではありません。

ソロボタンを使った方が良いのは、どんな場合なのでしょうか。

それは、

チャンネルごとの不必要な帯域をカットする時

です。

 

特に録音した音などは、全体のバランスに関わらず不必要な帯域が存在することがあります

ボーカルを例にとってみると、環境によって超低域が入っていたり歯擦音と呼ばれるサシスセソの耳に痛い帯域がある場合ですね。

これはミックス以前の問題で、あっても何の意味もありませんし全体で聴くと他の音と重なってどこが不必要なのか聴きとりづらい場合が多いです。

なので不要な帯域をカットするためにEQを使用する分には、ソロボタンを使ってOKです

DAWのソロボタンはなぜ使ってはいけないのか? | まとめ

ソロボタンは便利な機能で、個々のチャンネルのノイズや位相をチェックするときにはとても役に立ちますが、ミキシングにおいてはなるべく使用しないようにする方がよい結果がでることが多いです。

今日お伝えしたソロボタンのメリットとデメリットをしっかり理解して、普段のミキシングに役立ててみましょう。

0
この記事も読まれています