音楽制作/DTM

あの声ネタはどこから?サンプルの元ネタを検索できる「WhoSampled」が便利なのでご紹介

あの声ネタはどこから?サンプルの元ネタを検索できる「WhoSampled」とは

WhoSampledのホームページ

「WhoSampled」とは2008年ロンドンで生まれたサービスで、世の中の様々な音楽に使われているサンプリングの元になっている曲やネタを調べられるウェブサイトです。

一例として、こちらイギリスの新世代ハウスミュージックデュオ「Disclosure」による「When A Fire Starts To Burn」という曲を見てみましょう。

 

「When A Fire Starts To Burn」は、2013年にリリースされたUKガラージの名曲ですが、こちらのボーカルはYouTubeが元ネタのようで、「Eric Thomas」という方の自己啓発系動画の一節を使用していますね。

娘
これが曲になるなんて…



「Who Sampled」を使った、声ネタの検索方法

早速、「Who Sampled」で検索してみましょう。

まずはページ右にある検索バーに、サンプリングソースを知りたい曲のタイトルやアーティスト名を入力します。

今回は先ほども例に挙げた、Disclosureの「When A Fire Starts To Burn」で検索してみます。

WhoSampledの検索画面

すると「Contains Samples of 1 song」として、1件の動画がヒットしました。

WhoSampledの検索結果

「When A Fire Starts To Burn」は、次の楽曲の一節をサンプリングして使っていますよ、ということです。

リンクを開くと、このような画面になります。

WhoSampledの検索結果 2

声ネタを見てみると、もともとビートすら入っていないEricさんのアツい言葉が、見事に曲に合っていて関心します。

翁
さすが、今をときめくハウスデュオ「Disclosure」じゃな。

検索結果には、声ネタのどの部分がサンプリングされているのかわかりやすく書かれているので、すぐにサンプリングされている箇所を確認することができます。

そしてこのサイトにはサンプル元だけではなく、その曲がさらにサンプリングされている曲、リミックスされた曲まで載っています

WhoSampledの検索結果 3

「Was sampled in 4 songs」というのは、「When A Fire Starts To Burn」をサンプリングしている曲が4曲ありますよ、ということです。

有料アプリで外出先でもらくらく声ネタを検索

2012年にはiPhoneアプリも登場し、スマホでも便利に声ネタを検索できます

ただしこちらは、現在480円の有料アプリとなっています。

WhoSampled

WhoSampled

WhoSampled¥480posted withアプリーチ

 

さらにこのアプリは、2016年に日本にも上陸した音楽ストリーミングサービス最大手「Spotify」との連携で、プレイリストから簡単に声ネタを調べることもできます。

Spotify -音楽ストリーミングサービス

Spotify -音楽ストリーミングサービス

Spotify Ltd.無料posted withアプリーチ

声ネタはサンプルパック販売サイトで購入できる

わざわざYouTubeから声ネタを探さなくても、サンプルを購入することで自分の曲にボーカルや声ネタを入れることができます。

翁
購入すれば著作権などの心配も無用じゃ。

こちらの【厳選】DTMに行き詰まった?使える良質なサンプルパックを揃える海外ウェブサイト5選で紹介しているサイトで、「Vocal」や「Voice」などと検索してお気に入りのサンプルを手に入れましょう。

あの声ネタはどこから?サンプルの元ネタを検索できる「WhoSampled」が便利なのでご紹介 | まとめ

サンプリングというのは、昨今の音楽制作やDTMに欠かせない文化となっています。

気になるあの曲の声ネタがわかれば、プロのアーティストがどのようにサンプリングや加工をして、制作に活用しているかがよく理解できます

特に声ネタなどは一流のアーティストであっても、YouTubeから取ってくることがよくあります。

実は僕も、YouTubeからの声ネタを使って制作した曲を「Buddha Bar」というレーベルからリリースしています。

【体験談】海外レーベルにデモを送りまくったら、リリースが決まった話一年ほど前にこんな記事を書いたのですが、 今もよく読まれる記事のひとつです。 https://studio-okina.com/h...

気になっていたあの曲を「WhoSample」で検索してみると、新しい発見があるかもしれませんよ。