音楽制作/DTM

ミックスの質が上がる!DAWのマスターに必ず入れるべきたった1つのプラグイン

ミキシングはとても骨の折れる作業です。

各楽器の音量のバランスだけでなく、あらゆることに気を配って調整を重ねなければいけません。

・音量のバランス

・EQ

・コンプレッサー

・ステレオイメージ

・リバーブなどのエフェクト

このようなさまざまな事に気を配りながら、音の混ざり具合や各楽器のバランスを決めていきます。

プロのエンジニアはスタジオでいくつかの高級なスピーカーを使って調整していくわけですが、僕たちはプロのように高いお金を出してスピーカーを購入したり、いいオーディオインターフェイスを使ったりはできないわけです。

 

ではもっと簡単に手っ取り早く、ミキシングを上達させる方法はないのでしょうか。

 

そこで今回は機材などにお金をかけず、どんなDAWにも入っているあのプラグインを使う事でミックスの質を確実に上げるための方法をご紹介したいと思います。



ミックスの質が上がる!DAWのマスターに必ず入れるべきたった1つのプラグイン

ではそのプラグインを早速ご紹介しましょう。

 

・Gain(Unity)

 

これだけです。

たったこれだけ?と思われたかもしれません。

しかしこのプラグインを使う事でミキシングが確実に上達します。

その使い方を見ていきましょう。

Gainプラグインはこうやって使う!その2つの機能とは

実はこの「Gain」プラグインに入っている2つの機能を使います。それは、

・「Gain

・「Width

このふたつです。

「Gain」は名前の通りボリュームを変えるための機能、「Width」というのはステレオイメージを変えるための機能です。

DAWによってこの機能を持つプラグインの名前は違います。

Logic Proは「Gain」という名前のプラグインですし、Ableton Liveなら「Unity」という名前になっています。

どのDAWにも「Gain」と「Width」というふたつのパラメーターを調整するプラグインが入っているので、ご自身のDAWで一度チェックしてみてください。

ではひとつづつ詳しい使い方を見ていきましょう。



Gainを使ってミックスの質を上げる

まずマスターに入れたGainプラグインを-16dBにセットしましょう。

このプラグインをオンにすると全体が-16dB下がることになります。

これは人間の耳の錯覚によって、ミックスバランスに偏りが出ないようにするための方法です。

人間の耳はリスニング時の音量によって、周波数ごとの聞こえ方が変わってきます

こちらの記事にある「ラウドネス曲線」と呼ばれるグラフがその事実を物語っています。

詳しくはこちらをご覧ください。

【解決済み】DTMに最適なリスニング音量について調べてみたDTMで良い音作りがしたいならリスニング時の音量にもこだわる必要があります。一番正確にミキシングができる音量は具体的に何デシベルなのか、またスマホで簡単に音量を測る方法もご紹介します。アーティストにとって大切な耳を守るためにも音量には気を使いましょう。...

ミックス時に音量を-16dB下げることで、小さい音量で聴いた時にどういうバランスで聴こえるかということが分かります。

大きな音量でリスニングしているときはいいバランスで聴こえていたのに、音量を下げると一気にバランスが崩れて聴こえるというのはよくあることなんです

なので大きな音量で聴いても小さな音量で聴いても、各楽器がバランスよく聴こえるのが最適なミックスバランスだということです。

これを意識するだけでも、ミックスバランスは大幅によくなります。

わざわざオーディオインターフェイスのボリュームノブで音量を変える必要はなく、この「-16dBボタン」を作ってしまうことで簡単に聴き比べができるようになるのです。

Widthを使ってミックスの質を上げる

これは非常によく使われる「Mixing In Mono」というテクニックです。

まず上の写真のように「Mono」ボタンをONにしてください。

DAWによってはWidthというパラメーターで「0~100%」まで設定できるものがありますので、それを「0%」つまりモノラルにしてください。

モノラルでミックスをすることには、2つの意味があります。

・ほとんどの人はモノラルに近い環境で音楽を聴いている

・位相による音のキャンセルを防ぐ

ほとんどの人はモノラルに近い環境で音楽を聴いている

音楽はステレオで聴くのが当たり前だと思う方もいるでしょう。

しかし僕たちが普段音楽を聞く環境は、モノラルであることが多いのです

イヤホンで音楽を聴く時はステレオですが、街で流れる音楽だったり携帯のスピーカーで聴く音楽はモノラルですし、クラブやライブハウスでも大きな場所になると2本のスピーカーの真ん中に立ってリスニングをするという環境はなかなかないでしょう。ステレオで流れていたとしてもモノラルに近い環境で聴いています。

ミックス時に何が問題になるのかというと、例えばコーラスなどステレオイメージを利用したエフェクトを使ってある楽器に存在感や広がりを与えていた場合、完全なステレオ環境で聴くと素晴らしい音に聴こえるのですが、モノラルもしくはそれに近い環境で聴くとあまり存在感がなく他の楽器に埋もれて聴こえるというようなことがあります

音楽を聴く人は必ず完全なステレオ環境でリスニングするわけではありません。ステレオイメージを利用したエフェクトなどは、モノラルで聴いた時どのように聴こえるかということも必ず意識しておかないといけません。

位相による音のキャンセルを防ぐ

同じ音源の片側だけ位相を180度回転させて、ふたつを同時に流すと音が消えるということを聞いたことがある方もいるでしょう。

意図しない位相のズレで各楽器がぶつかって音が消えるということがあるのですが、これはモノラルで聴くとより理解できます。

2本のスピーカーから位相を180度回転させた音を流しても音は聴こえますが、モノラルにすると音は完全に消えるので、どの音が干渉して消えているのかということが非常に分かりやすくなります。

モノラルで聴いて問題なければステレオで聴いても問題ありません

普段は楽器を左右にパンしたりするので、制作中はステレオで聴いていて問題ないでしょう。

ミックスの合間に定期的にモノラルで聴いて、それぞれの音が埋もれずしっかり鳴っているかということをチェックするようにしましょう。

まとめ

小さい音量でも大きな音量でも, モノラルでもステレオでも自分のイメージする音が出ていれば、自宅以外のリスニング環境で聴いても大きく聴こえ方が変わることはありません

DAWを持っている方なら無料で、しかも簡単にミキシングの技術を向上させることができるこのテクニック、ぜひ今日から使ってみてください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です