DTM

【解決済み】DTMに最適なリスニング音量について調べてみた

ミックスに最適な音量の基準は何デシベル?

みなさんは自宅で音楽制作をする際の音量を気にしたことはありますか?

隣の人から苦情がこないギリギリの音量?

大きな音は好きじゃないから小さめ?

棚からものが落ちるくらいロックな感じ?

娘
おじいちゃん、いつも音量大きいんだよね。
翁
歳をとると、聞こえづらくて大変なんじゃよ。

それぞれ環境が異なるので一概に「この音量が正しい!!」とは言えませんが、業界でミキシングやマスタリングに最適な音量はある程度決まっています

人によって数値は曖昧ですが、およそ75〜85dBというのがよく目にする値です。

これには理由があって、下の図のような人間の聴覚の特性をグラフにした「ラウドネス曲線」というものが関係してきます。

ラウドネス曲線

人間が感じる音量と実際の音量は周波数ごとで差があり、これはその特性をグラフにしたものです。

この曲線は1kHzを基準に作られていて、例えば40(dB)と書かれた赤い曲線を左に辿っていくと、100Hzでの値がちょうど60dBとなっています。

これは1kHz/40dBの音と100Hz/60dBの音が、人間には同じ大きさに聞こえるということです。

低域になると差がもっと顕著に現れていますね。

つまり音量が小さいと人間は低域が聴こえづらく、ミックスのときにその部分を上げてしまいがちになるということです

それでは音が大きいほど良いかというと、一概にそうとは言えないのです。



音が大きすぎるモニター環境4つの弊害 – DTM難聴を防ぐ

f:id:studiookina:20180220140508j:plain

ではリスニング音量が大きすぎると何が問題なのでしょう。

それにはこんな理由があります。

音量が大きいと迫力があって良い音に聞こえる

ロックやクラブミュージックは、大音量で聴くと迫力が出ますよね。

しかし音楽制作において、この錯覚は大変危険です。

耳が疲れて長時間作業ができなくなる

f:id:studiookina:20180220141406p:plain

これはある音量でどの程度の時間リスニングを続けると、耳がダメージを受けるかを表にしたものです。

大きな音でのリスニングは魅力的ですが、耳が悪くなっては元も子もありません。

翁
アーティストにとって、耳は命じゃからな。

ダイナミックレンジが狭くなる

音が大きいと全ての楽器がよく鳴っているように聴こえてしまいますが、楽器ごとのバランスは分かりづらくなります。

これは人間の耳の特性によるものです。

この方が、いい感じに解説してくれています。

耳の話その2 : 耳がもつダイナミックレンジを活かす、とか何とか

部屋鳴りが大きくなる

完全にルームアコースティックが調整されたスタジオでない限り、音量を上げれば上げるほど壁からの跳ね返り音が増え、正確なミックスが出来なくなります。

リスニングの際に、部屋の反射の影響を受けないようにするには音量を上げすぎないことが大切です。

自宅でできるリスニング音量の調整方法

自宅でも簡単にリスニング音量を調整する方法があるので、ご紹介しましょう。

これにはまず、ほぼ全てのDAWに入っているTest Oscillatorというものを使います。

f:id:studiookina:20180226154241p:plain

スピーカーの音量はゼロにして、ピンクノイズを選択し、徐々に音量を上げていきます。

DAWのアウトプットのメーターが0dBになるまで上げます。

次に、iPhoneのメーターアプリなどを使って音量を計測します。

デシベル X - dBA デシベルテスター

デシベル X – dBA デシベルテスター

SkyPaw Co. Ltd無料posted withアプリーチ

ここでは83dBを最適なリスニング音量としましょう。

徐々にスピーカーの音量を上げていき、メーターが83dBになるまで上げます。

これによって出た音量がリスニングに最適な音量となります。

ただし83dBというのもあくまで目安であって、部屋の大きさによって最適なリスニング音量は異なります。

iPhoneのメーターも正確さに欠ける場合があるので、しっかり測定したい方はSPLメーター(騒音計)を購入されるのが良いでしょう。

これは本当に簡易的な測定方法なのでもっと詳しく知りたい方はこちら、または下にまとめてある参考サイトをご覧になって下さい。



【解決済み】DTMに最適なリスニング音量について調べてみた | まとめ

いかがでしたでしょうか。

スタジオと違って、自宅でのミキシングはスピーカーや部屋の関係もありますので、なかなか思うようにいかないことも多いでしょう。

僕も制作し始めたばかりの時は、ミックスバランスが全く掴めなくて苦労しました。

僕の場合は、リスニング音量が大きすぎることが問題でした。

すべての楽器がきれいに鳴っているように聞こえていましたが、小さな音量で聞いてみるとスネアが大きすぎたり、聞こえづらい楽器があったりしたのです。

当初、音量によって周波数ごとの聞こえ方に差がある(ラウドネス曲線)ことを理解していれば、より良いミックスが出来ていたことでしょう。

「まだ音楽制作を始めたばかりで知らなかった」、「制作を始めて随分経つがミックスが上手くいかない」という方は、ぜひこの音量調整のテクニックを取り入れてみましょう。

【新定番】なぜ「PHONON SMB-02」は最高のモニターヘッドフォンなのか?スタジオの大定番「SONY MDR-CD900ST」に変わるヘッドフォンを探していますか?「PHONON SMB-02」は、世界中のマスタリングエンジニアやプロデューサーにも愛用されている、日本発の新定番モニターヘッドフォンです。低域の再生能力に優れているのでダンスミュージックの制作者にもファンが多いのが特徴です。...

参考サイト

さらに知識を深めたい方はこれらの記事を参考にしてみてください。

1.  DigiZine

制作における適正音量の話から、なぜ音量調整にピンクノイズを使用するのか具体的に書かれています。

2. 4 Reasons For Mixing At Lower Volumes – The Recording Solution

動画付きで、小さい音量で制作すべき4つの理由が解説されています。

3. How to Avoid Ear Fatigue while Mixing | Waves

こちらはWavesの記事で、グラミーエンジニアChris Load-Algeの解説動画などもあります。

4. 5 Essential Ways to Listen to Your Mixes — The Pro Audio Files

5. Should I listen to music at high volume while mixing music because of the Fletcher Munson Curve? – Quora