プラグイン

【レビュー】ついにDivaを超えた?u-he「Repro-1」は現時点で最強のソフトシンセか

今日は2018年に日本での販売が開始されたu-he「Repro-1」をご紹介します。

Repro-1は、1970年代に発売されたビンテージシンセ「Prophet」をモデルにしたソフトシンセです。

特に「Prophet-5」という名機は、YMO時代から坂本龍一が愛用していることでも有名ですが、最近になっても「Prophet-6」「Prophet-8」と新しいモデルが次々販売されていることから、今なお人気のシンセサイザーだということが分かるでしょう。

Repro-1は、とにかくソフトシンセとは思えないくらいリッチな出音で、発売当初はけっこう話題にもなりました。

僕もRepro-1を始めて使った時は、同じくu-heから販売されている「Diva」というソフトシンセを使った時と同じくらいか、それ以上に感動しましたね

「ついにソフトシンセはここまで来たのか・・・」と。

 

この記事では、

・DivaとRepro-1とは何が違うのか?

・Repro-1はどういう人におすすめのシンセなのか?

・本当に買う価値はあるのか?

といった疑問に答えつつ、Repro-1の素晴らしさを紹介していこうと思います。

「おすすめのアナログモデリングシンセを探している」「Repro-1は本当に自分に合ったシンセなのか知りたい」という人は、ぜひご覧になって下さい。

u-he Repro-1はRepro-5とのセット販売

さっきから「Repro-1」と紹介していますが、実はRepro-1を購入すると「Repro-5」も付いてくるので、実質二つのシンセを手に入れることができます。

娘
二つも必要なの?

これは、それぞれモデルにしているシンセが違っていて、

・Repro-1(モノフォニック) → 「Pro-One Sequential Circuits」

・Repro-5(ポリフォニック) → 「Prophet-5 Sequential Circuits」

となっています。

Pro-OneというシンセはProphet-5ほど有名ではないかもしれませんが、日本人で言えば「石野卓球」も愛用していて「知る人ぞ知るシンセ」といったところでしょうか。

モノフォニックとポリフォニックは「単音」しか出せないのか「和音」が出せるかという違いなのですが、触ってみると単に和音だけの問題ではなく音の太さやキャラクター, 操作性などいろんな部分で異なっているので、自分が欲しいサウンドに応じて使い分けることが大切になってきます。

翁
どちらかが、ただのオマケではないんじゃな。

参考までに僕がどのように使っているのかというと、

・Repro-1 → リードシンセなどのメインパートで使う

・Repro-5 → パッドやアルペジオなどの曲全体を支えるパートで使う

このように分けています。

Repro-5で曲のメインとなるシンセサウンドを作ろうとしてもどうも弱々しくなってしまいますし、逆にRepro-1を脇役で使おうとしても主張しすぎてしまうんですよね。

そういった意味で、この二つのシンセはどちらかがオマケで付いているわけではなく、どちらも主戦力として使えるシンセだということが理解できるでしょう。

とにかく音質がソフトシンセの域を超えている

Repro-1が現れるまで最強のアナログモデリングシンセはu-he「Diva」だと言われていましたが、ぶっちゃけRepro-1はDivaを超えてしまったと思います

もうとにかく音が素晴らしいんですよね・・・

「音がいいってどういいんだよ!」と言われてしまいそうですが、デモを触ってみればすぐ分かるくらい有機的でリッチなアナログサウンドを体感することができるのです。

実機との比較動画なども公開されていますが、正直どっちがどっちか分からないですよね?

決して隅から隅まで完璧に再現されているという訳ではないのでしょうが、これだけリアルに再現されているのなら「もうソフトウェアでいいじゃん・・・」となってしまうレベルです。

特にProphet-5は有名で今でも人気のシンセサイザーなので、中古市場でも50万円前後もしてしまうので。(ビンテージはメンテナンスも大変だし…)

Repro-1とRepro-5、合わせて2万円しないのなら普通そっちを選んじゃいますよね?

u-heの名作シンセ「Diva」との違いとは?

音質でDivaを超えてしまったと言いましたが、「なら今買うべきアナログモデリングシンセはRepro-1か?」と言われると実はそうとも限らないんです。

DivaとRepro-1の違いはこんな感じ。

・Diva → 5種類の名作シンセを再現している

・Repro-1 → 「Pro-One」「Prophet-5」のみを再現している

このような違いがあるので、Repro-1はProphetの音が好みではないという人には全く合わないでしょう。

翁
Repro-1は「Prophetサウンド」以外、出せないんじゃな。

さらにRepro-1がDivaの音質を超えてしまったといっても、依然Divaは素晴らしい音質ですし使い勝手やソフトシンセとしての汎用性はんようせいもかなり高いので、もし僕が誰かにソフトシンセをおすすめするとしたらDivaを選ぶでしょう。

実際、僕も普段の制作ではDivaを使うことが多いですが、「Prophetの音が欲しいな」という時だけReproを使っています。

作れるサウンドのバリエーションで言っても、やはりDivaの方が優れています。

なので「俺はPropehtの音がどうしても欲しいんだ!」ということでなければ、特にRepro-1を購入する必要はないのかなと思いますね。

参考: 【レビュー】「u-he Diva」があればアナログシンセはもう不要かもしれない – スタジオ翁

ライバルはArturia「Prophet V」

Prophetのソフトシンセを探していると、必ず目につくのがArturiaの「Prophet V」でしょう。

Arturiaは業界No.1といってもいいほど数多くの名作ビンテージシンセをソフトウェア化していて、もちろんProphetも再現しているので、選ぶとしたら「u-he」か「Arturia」の2択になると思います。

実は僕も、Arturiaのソフトシンセ全部入り「V Collection」を持っていてProphet Vというソフトシンセも使ったことが何度かあります。

実際u-heと比べてみてどうだったかというと、

・音の良さ

・操作性

この2点では、u-he「Repro-1」の方が良いなと感じました。

 

もしArturiaを選ぶ理由があるとすれば「CPU」の問題のみでしょう

Repro-1はDivaよりは動作が軽いものの、Arturia「Prophet V」に比べればCPUを消費します。

Repro-1にはCPU負荷を減らすための「マルチコア」「ハイクオリティ」「スリープ」というモードがあるので、それらを駆使すればCPUの問題はクリアできます。

僕の環境では、MacbookAirだとプツプツノイズが入ることがありますが、iMacだと特に問題なく動作するといった感じですね。

特別パソコンをカスタマイズしている訳ではありませんがちゃんと動いてくれるので、あまり心配する必要もないと思いますが、不安ならデモ版をダウンロードしてみて自分のパソコン環境でちゃんと動くのか試してみると良いでしょう。

Prophetを愛用するアーティストはかなり多い

Propehtは本当に愛用者の多いシンセで、数え切れないほどのアーティストが使用を公言しています。

少しばかりアーティスト名を挙げてみましょう。

・坂本龍一

・トム・ヨーク

・ダフト・パンク

・ジェームス・ブレイク

・ティコ

・クラフトワーク

・エイフェックス・ツイン

・カルビン・ハリス

・ジョルジオ・モロダー

・JAY-Z

超一流のアーティストばかり挙げましたが、他にもEDMからディープハウス, ヒップホップまでさまざまなジャンルのアーティストに愛されています。

ついにDivaを超えた?u-he「Repro-1」は現時点で最強のソフトシンセか | まとめ

というわけで、結論。

・Prophetのリッチな音を求めている人は「Repro-1」を買うべし!

・使い勝手の良いバーチャルアナログシンセが欲しいなら「Diva」を買うべし!

「Repro-1」はProphetの音しか出せないので使う人を選ぶものの、音質面でいえば2020年現在も「アナログサウンド部門」でぶっちぎりのNo.1です。

あまり目立っていませんが実はRepro-1は内蔵エフェクトも素晴らしく、インターフェースも洗練されているので、音作りもしやすく使い勝手がとても良いです。

プリセットもけっこう豊富なんですが、自分で音作りを楽しみたいという人にもぜひ使ってみてもらいたいシンセですね。

気になった人はぜひ試してみて下さい。

⬆目次に戻る

0