プラグイン

【2020年版】プロも愛用するおすすめのソフトシンセサイザー10選

先日、【これなら使える】フリーなのに上質なVSTソフトシンセサイザー5選で、無料でもクオリティーの高いフリーシンセをご紹介しました。

無料のソフトでもある程度までは楽しむことができますが、今回は「無料シンセに満足できなくなってきたな〜」「そろそろ本格的にDTMに取り組んでみたい!」という人に、おすすめの有料シンセプラグインを厳選してご紹介していきましょう。

ここでは全て僕が実際に使ってみて、素晴らしいと感じたもののみをご紹介します

娘
えー、私は無料のでいいやー
翁
何を言っておる。有料だと音質も使い心地も桁違いじゃぞ

今回は、どんなアーティストがそのシンセを使っているのかも合わせてご紹介していきます。

まずはシンセ選びのポイントや注意点について解説していますが、「すぐにランキングが見たい!」という人は、こちらからご覧下さい。

ソフトシンセを評価するための6つの指標

今回はこのような6つの指標から、独自の視点で評価してみようと思います。

音の良さ:      ★★★★★
音作りの自由度:   ★★★★★
プリセットの豊富さ: ★★★★★
アナログっぽさ:   ★★★★★
音の立ち:      ★★★★★
独自性:       ★★★★★

基本的に5段階評価ですが、これはずば抜けている!というものには星を6つ付けてますw

ただ、星が多いから良いシンセで、星が少なければ悪いシンセというわけではありません

EDMに使うのなら「音の立ち」が良く派手めなサウンドであることが大切なので「アナログっぽさ」はあまり必要ありませんし、プリセットが少なく音作りの幅も狭いけどそのシンセでしか出せないサウンド =「独自性」があれば、それは優秀なシンセと言えます。

他にも例えば、操作できるパラメーターが少なく上記の項目でいう「音作りの自由度」に欠けるシンセだったとしても、高品質なプリセットがたくさいん用意されていれば「このシンセは音作りの幅が狭いから全く使えないな」という評価になることはありません。

翁
すべてが完璧なシンセがなどないということじゃな。

 

あくまで星の数は参考材料にとどめ、デモ音源を聴いたり実際にデモバージョンを使ってみるなどして、お気に入りのソフトシンセを見つけていきましょう

さてそれでは、僕が独断と偏見で選び抜いたソフトシンセを「ランキング形式」でご紹介していきます。

⬆目次に戻る

【2020年版】プロも愛用するおすすめのソフトシンセサイザー10選

※ほとんどのシンセは「Plugin Boutique」での購入が一番お得です。

ところが、たまにサウンドハウスの方が安かったりするので、念のため購入前にどちらも確認しておきましょう

英語がわからない人は、こちらの記事も参考にどうぞ。

参考: 「Plugin Boutique」でのDTMプラグインの買い方 – スタジオ翁

 

それでは、1位からみていきましょう!

1位「Diva」- u-he

音の良さ:      ★★★★★
音作りの自由度:   ★★★★
プリセットの豊富さ: ★★★★
アナログっぽさ:   ★★★★★★
音の立ち:      ★★★
独自性:       ★★★★★

Divaを使用しているアーティスト: Disclosure, Madeon, Hans Zimmer, Todd Terje, Lenno, Feed Me, Throttle, 3LAU, ODESZA, Jay Hardway

5つのアナログシンセの名機を再現した、バーチャルアナログシンセです。

Juno-60, Jupitar-8, MS-20, Minimoog, JP-8000などの名機をモデリングしており、MS-20のフィルターをJupitar-8に組み合わせるといった、シンセマニアにとって夢のようなルーティングを行うことも可能です。

このシンセが登場した当時は、「ソフトシンセでこんな深みのある粒立ったサウンドが出せるのか!」と衝撃を受けました。リリース直後はCPUへの負荷が大きく鬼のように重かったのですが、度重なるアップデートによってかなり改善されましたね。

2010年代前半に一世風靡し、グラミー賞にもたびたびノミネートされているUKのハウスデュオ「Disclosure」も愛用しているシンセで、彼らのようなアナログライクな音作りがしたいならDivaを選べば間違いないでしょう。

「Divaを使用しているアーティスト」を見て分かるようにエレクトロで攻撃的なサウンドなどには向いていませんが、Divaはアナログモデリングシンセの大定番なので、アナログっぽい温かみのある音のソフトシンセを探している方にはもってこいですよ

参考:【レビュー】「u-he Diva」があればアナログシンセはもう不要かもしれない – スタジオ翁

u-he Diva
created by Rinker
u-he Diva Virtual Analogue Synth

 

2位「Serum」-Xfer Records

音の良さ:      ★★★★★
音作りの自由度:   ★★★★★
プリセットの豊富さ: ★★★★
アナログっぽさ:   ★★★
音の立ち:      ★★★★★★
独自性:       ★★★★

Serumを使用しているアーティスト: Marshmello, Martin Garixx, Skrillex, Deadmau5, Flume, Nicky Romero, Diplo, Kanye West, Feed Me, The Chainsmokers, KSHMR, 7 Skies, BT, Don Diablo

動画を見ただけで、このSerumを使えばどれほど素晴らしいエレクトロサウンドを奏でられるのかが分かるかと思います。

NexusやSylenth1, Massiveなどが主流だったEDM業界ですが、最近はSerumがその定番シンセのポジションを確立しようとしています。

これを初めて使ったときに驚いたことが3つあります。

・音の良さ

・直感的な音作りのしやすさ

・内蔵エフェクトの素晴らしさ

音の良さは聴けばすぐに分かりますし、多くの人がレビューしているのでここではあまり触れません。

音の良さの次に驚いたのは、なんといっても直感的で革新的すぎるインターフェースです。

動画を観ると分かりやすいですが、ウェーブルテーブルやフィルターがリアルタイムで動いていますよね。これはシンセの仕組みを理解する上で非常に分かりやすくて親切なデザインですし、LFOやADSRのアサインも今までのシンセよりはるかに簡単かつ直感的に出来てしまいます。

リバーブなどの空間系からディストーションといった歪み系まで質の高いエフェクトを備えているのも大きな特徴ですね。

 

初心者が一番初めに買って「シンセサイザーとは何か」を覚えるためのシンセであり、上級者がそのプロクオリティの音を使って世界レベルの楽曲を作るためのシンセでもある。

これで流行らないわけがありませんよね。使用アーティストも有名人ばかりです。

動画をみて「この音は!」とピンときた人は、ぜひ試してみてみて下さい。

参考: 音がいいのは当たり前!初心者こそXfer Serumを使うべき3つの理由 – スタジオ翁

 

3位「V Collection 7」- Arturia

音の良さ:      ★★★★
音作りの自由度:   ★★★★★
プリセットの豊富さ: ★★★
アナログっぽさ:   ★★★★★
音の立ち:      ★★★
独自性:       ★★★★★★

V Collection 7を使用しているアーティスト: Bonobo, Four Tet, The Prodigy, Sebastien Leger

Arturiaは、今まで世界中のさまざまなビンデージシンセをソフトとして蘇らせていて、BuchlaやCS-80, EMSなど実機で買うには高すぎて手が出せないシンセもソフトシンセとして蘇らせてリリースしています

V Collectionならこれらの名機を一括で管理出来るソフトがあるので、数多くのリアルに再現されたビンテージシンセから、横断的に音色を探すことができます。

昔はかなり使いづらかったのですが、年々アップデートを重ねることで音のクオリティや使いやすさが上がってきていますね

CS-80やBuchlaなどArturiaでしか買えないようなモデリングシンセを多数収録しているので、あの名機のサウンドを体感してみたいという人には是非使ってもらいたいです。

Arturia V Collection 7
created by Rinker
Arturia V Collection 7

 

4位「Omnisphere 2」- Spectrasonics

音の良さ:      ★★★★★
音作りの自由度:   ★★★
プリセットの豊富さ: ★★★★★★
アナログっぽさ:   ★★★★
音の立ち:      ★★★★★
独自性:       ★★★★★

Omnisphereを使用しているアーティスト: Deadmau5, Zedd, Calvin Harris, Daft Punk, Armin Van Buuren, Steve Aoki, The Chainsmokers, Flume, Swedish House Mafia, Above&Beyond, Guy J, Joris Voorn

見ての通り、EDM系やトランス系のアーティストに使い手が多いソフトシンセですが、生楽器などの音も多く収録されていますので、ダンスミュージック以外の制作にもかなり使えます。

Omnisphere 2になって60以上のアナログシンセの名機を再現しているなど、アナログの音を好む方にもぜひおすすめしたい一品ですね。

プリセットの数は膨大で、12,000を超えます

なぜこれほど多いのかというと、鍾乳洞で録られた音やバーニングピアノ(燃えているピアノの音を収録)などといった訳の分からない異次元の音がたくさん収録されているからですw

お値段もソフトシンセにしては最高級クラスですが、音のクオリティーの高さやサウンドの独自性などを考えると値段分の価値は十分にあります

Spectrasonics Omnisphere 2
created by Rinker
Spectrasonics Omnisphere 2

 

5位「Repro-5」- u-he

音の良さ:      ★★★★★★
音作りの自由度:   ★★★★
プリセットの豊富さ: ★★★
アナログっぽさ:   ★★★★★
音の立ち:      ★★★★
独自性:       ★★★★

こちらも、比較的新しいソフトシンセですね。

ハードウェアでいうと「Nord Lead」という有名なシンセサイザーに近いような音です。(実際、Nord LeadのプリセットにはProphetの音色も入っています)

ソフトシンセの中でも最高峰の音質を誇っていて、個人的には同じくu-heから販売されているシンセ「Diva」の音質を超えているのではないかと感じるくらい音質が良いです

「Prophet-5」という名機中の名機を再現したシンセで、Arturiaも同じシンセの名機をソフトで再現していますがu-heのクオリティーにはかないません。

Repro-1とRepro-5はセットで販売されているので、Repro-1を購入するとRepro-5も付いてくるというカタチになります

Repro-1は、1981年に「Sequential Circuits」から発売された「Pro One」をソフトウェアとして再現したもので、こちらもかなり完成度が高いので二つの名機を再現したシンセが同時に手に入るというのはかなりお得ですよ。

 

ひとつ欠点があるとすれば、「Prophetらしい音」しかだせないという部分ですかね・・・

どんな種類の音もだせる万能シンセというわけではないので、EDMやダブステップをつくりたいという人には正直おすすめしません。

ただ、「アナログっぽい音が欲しい」「Prophetの音が大好き」という人には最高のソフトシンセだと思うので、思い当たる人はぜひ一度、デモを試してみてください。

参考: 【レビュー】ついにDivaを超えた?u-he「Repro-1」は現時点で最強のソフトシンセか – スタジオ翁

 

6位「Massive X」- Native Instruments

音の良さ:      ★★★★
音作りの自由度:   ★★★★★
プリセットの豊富さ: ★★★
アナログっぽさ:   ★★★★
音の立ち:      ★★★★
独自性:       ★★★★★★

「MassiveX」は2019年に登場した新しいソフトシンセで、「Massive」の後継です。

以前までのMassiveはどちらかというとダブステップやエレクトロのアーティストが使う攻撃的なシンセというイメージでしたが、今回アップデートされたことでMassive Xは洗練された非常に柔らかいアナログライクな音も出せる素晴らしいソフトシンセに生まれ変わりましたね

このアップデートでMassiveXは、今までと全く違ったジャンルのアーティストも取り込めるなと感じました。

プリセットもそのまま使えそうな、即戦力で質の高いものが数多く取り揃えられています。

 

Massive Xは、50以上の高品質なインストゥルメント& エフェクトが収録されたバンドル「Komplete 12」での購入がおすすめです。

こちらのバンドルにはドラムやギター, ピアノ, ベース, オーケストラなど作曲に必要な一通りの音源が含まれています。僕はさらにグレードの高い「Komplete 12 Ultimate」を購入しましたが、後からアップグレードも可能なのでまずは「Komplete 12」でも十分でしょう。

参考: KOMPLETE 12 ULTIMATEが最強である5つの理由【全部入り】- スタジオ翁

Native Instruments KOMPLETE 12
created by Rinker
Native Instruments

 

7位「Sylenth1」- LennarDigital

音の良さ:      ★★★★★
音作りの自由度:   ★★★★
プリセットの豊富さ: ★★★★
アナログっぽさ:   ★★★★
音の立ち:      ★★★★★
独自性:       ★★★★

Sylenth1を使用しているアーティスト:Skrillex, Hardwell, Diplo, Porter Robinson, Flume, Dillon Francis, Kygo, Zhu, Oliver Heldens

最近は毎年いろんなソフトシンセが発表されていますが、Sylenth1は昔から人気があって今なお愛用者が多いバーチャルアナログシンセです。

実際に何か特性のアナログシンセを再現したものではありませんが、音のクオリティはとても高く、設定やプリセットによってアナログっぽい音もエレクトロな音も出せる万能ソフトシンセです

EDM系だと、このシンセを持ってない人なんていないんじゃないかというくらい人気のシンセです。

 

8位「Analog Strings」- Output

音の良さ:      ★★★★★
音作りの自由度:   ★★★
プリセットの豊富さ: ★★★
アナログっぽさ:   ★★★★
音の立ち:      ★★★★
独自性:       ★★★★★

こちらは、2017年に発売の比較的新しいシンセです。

Outputというメーカーはリバース音源の「Rev」やボーカル音源「Exhale」など独特なサンプル音源やシンセのリリースで、ここ数年知名度を一気に上げてきていています

Analog Stringsはリアルなストリングスの音を追求しているでなく、ヴィンテージシンセなどからシンセストリングスの音色もサンプリングしていて、ダンスミュージックなどにも応用可能な音になっています

なんと合計39GBでプリセット数500という膨大な情報量です。

ダンスミュージックや電子音楽だと生音のストリングスが微妙に合わないときがあるのですが、Analog Stringsを使えば膨大な音源の中からシンセなどの電子音にもバッチリ合うような絶妙なストリングスを見つけることができます。

オーケストラ用のストリングス音源ならいろんなメーカーが出していますが、この手のストリングス音源はなかなか新しいですね。

汎用性のあるストリングス音源を探していたという方は、「サンプル音源+シンセ音源」の次世代プラグイン「Analog Strings」をぜひ試してみてください。

 

9位「Chromaphone2」- AAS

音の良さ:      ★★★★
音作りの自由度:   ★★
プリセットの豊富さ: ★★★
アナログっぽさ:   ★★★★★
音の立ち:      ★★★
独自性:       ★★★★★

動画をご覧になると分かると思いますが、結構独特なサウンドのソフトシンセです。

Chromaphone2は生音っぽい音をシンセで再現していて、ドラムや金物, ピアノ, マリンバ, パーカッションなどの音を作ったり加工することができます。

こういう生音っぽい音が入った曲は結構聞くことがあると思いますが、意外とこの音が簡単に出せるシンセってなかなか無いんですよね。

電子音の中にこういう生っぽい音を入れられると、制作の幅がさらに広がりますよ。

曲にアクセントが欲しい方、ちょっと変わったサウンドを求めている方におすすめです

Chromaphone 2
created by Rinker
Synth by Applied Acoustics Systems

 

10位「SynthMaster」- KV331 Audio

音の良さ:      ★★★★★
音作りの自由度:   ★★
プリセットの豊富さ: ★★★★★
アナログっぽさ:   ★★★★
音の立ち:      ★★★★
独自性:       ★★★★

SynthMasterを使用しているアーティスト: Avicii, Martin Garrix, Knife Party, Tiesto

こちらのSynthMasterは音作りの方法が独特で慣れるのに時間がかかるかもしれませんが、音のクオリティーは素晴らしいです。

使用アーティストにEDM系の人が多いので激しめなサウンドかと思いきや、プリセットにアナログっぽい柔らかい音もたくさん入っているのがこのシンセの特徴です。

「音作りはあまりしないのでプリセットが豊富なものがよい」という方に向いているソフトシンセでしょう。

 

⬆目次に戻る

結局どれを選べばいいの?あなたに合うシンセはこれ!

ここまで10種類のシンセを見てきましたが、「どれがいいのかまだ分からないよ!」「結局あなたは何を使ってるの!」ともっと詳しいアドバイスが必要な人は、あと少しだけお付き合い下さい。

ちなみに僕は、上記のシンセを全部使っていますw

正確に言うと、楽曲によって使い分けているという感じですね。正直まだシンセを持っていないという人は全部を買う必要はないと思うので、まずは今必要なシンセをひとつに絞っていくことに集中しましょう。

大切なのは「何を基準にシンセを選ぶのか」ということです。

初心者からでも使えるシンセを選びたい!

DTMを始めたばかりの人なら、複雑で多機能なソフトシンセを選ぶと挫折ざせつしてしまうかもしれません。

そんな初心者が最初に選ぶべきシンセは、ズバリこの二つです!

これらは音が良いのはもちろん、分かりやすいデザインで「音作り」がしやすいのも大きな特徴です。

どのシンセにもあるような基本的なパラメーターを備えているので、ここでしっかり音作りの基礎を学んでおけば、これから他のシンセを使うときでもその知識を活かすことができますよ

娘
せっかくならプリセットだけじゃなくて、音作りもしてみたいもんね。

「Massive X」や「SynthMaster」などの音作りが複雑なものを最初に選んでしまうと、プリセットに頼りすぎてしまい、なかなかシンセの扱いが上達しない可能性もありますからね。

 

では、「Diva」と「Serum」のどちらを選べばいいのかというと、

Serumはシンセ史上もっとも直感的に操作できるインターフェースなので、シンセの基礎を覚えるなら「Serum」で間違いありません。

Serumには、難しいシンセの音作りを簡単に理解できるような工夫がたくさんあります。

このシンセほど「シンセサイザー」の仕組みをしっかり理解できるような、優れたデザインに出会ったことがありません。(どこかの広告みたいですが、初めて使ったときは「なんで今までのシンセにはこんな機能がなかったんだ…」と感動してしまいました。)

翁
Serumならリアルタイムでシンセの挙動がみえるんじゃよ。

これはパソコンのスペック向上によって可能になったんだと思いますが、そのうえ音質も文句なしなので「今までどうしてもシンセの細かい仕組みまで理解できなかった」という人にもぜひ使ってみてもらいたい一品ですね。

Serum – Xfer Records

 

ただ、エレクトロやEDMのような激しめのサウンドがあまり好きではないという人は、アナログサウンドを得意とする「Diva」を選んだほうが良いかもしれません

Serumほど直感的なデザインではないにしても、Divaは基本的に昔から活躍している超有名アナログシンセを再現しているので、今どきの複雑すぎるシンセのように挫折してしまうことはありません。

シンセの構造の「土台」部分というのは実は昔から変わっていないので、Divaを使いこなせるようになれば他のシンセも比較的ラクに覚えられることでしょう。

Diva – u-he

 

どちらも1位と2位に選ばれるくらいなので、いいシンセであることに間違いありません。

最終的な判断基準は、「そのシンセで自分好みのサウンドが出せるか?」だと思います。

アナログ感を重視したい!

リアルなアナログ感が特徴のソフトシンセは、次の3つでしたね。

この中でも「Diva」は5種類のビンテージシンセを再現した万能シンセで、手頃な価格にも関わらず高品質なサウンドを奏でます。

「Repro-5」はProphetという一つのシンセを再現したものなので、Prophetの音が好きな人なら絶対に使ってみてほしいのですが、特にこだわりがないなら「Diva」を選べばOKです。

娘
「Repro-5」は、特定のサウンドにすぐれた一点突破タイプのシンセなのね。

「V Collection 7」は、業界でも最も多くのビンテージアナログシンセを再現したバンドルなので、アナログサウンドが大好きで「BuchlaやEMSといった名機の音を楽曲に取り入れたい!」という人や、「Divaだけじゃ物足りないからもっといろんなアナログシンセの音を使いたい!」という人におすすめです。

数十種類のシンセが入っているので値段はそれなりにしますが、Arturia社はこういったビンテージモデリングの世界では最も有名なメーカーの一つなので、クオリティーに関しても心配することなく安心して選べますよ。

EDMやエレクトロの作曲で使いたい!

EDMやエレクトロ, ダブステップ, トランスなどで使うならこの4つが候補に挙がります。

「Serum」を選べば間違いありませんが、もっとアナログっぽい音も使いたいのなら「Massive X」, プリセットが豊富でアナログサウンドも大量に収録された万能タイプが欲しいのなら「Omnisphere 2」を選ぶと良いでしょう。

「Sylenth1」はかなり歴史のあるシンセで、依然としてこの業界の定番シンセです。

なので、マニュアル動画やプリセット販売が大量にあり愛用者も多いので、好きなアーティストがこのシンセを使っているようなら「Sylenth1」を選ぶのもアリでしょう。

一台でいろんな音が出せるシンセが良い!

一台でいろんなジャンルのサウンドを表現できるのは、以下の2つです。

この二つなら攻撃的なエレクトロサウンドからアナログ感のあるサウンドまでいろんな種類が入っていて、プリセットも使い切れないくらい豊富なのがこの2つのシンセの特徴です。

「Omnisphere 2」なら生っぽい楽器の音も含まれているので幅広く作曲に使えますが、もし本格的なオーケストラのストリングスやパーカッションなどの生音も欲しいのなら、今回紹介した「Massive X」も同梱されているKomplete 12というバンドルの方がおすすめです。

参考: KOMPLETE 12 ULTIMATEが最強である5つの理由【全部入り】- スタジオ翁

生音系の少し変わったシンセが欲しい!

生音系だけど生音じゃない、少し変わったサウンドが出せるシンセはこの3つです。

「Omnisphere」は先ほど紹介したとおり、生音系を含む大量のプリセットを備えています。

「Analog Strings」は純粋なオーケストラ音源はもちろんのこと、「ビンテージシンセのストリングス」なども入っているので、電子音楽なんかにも非常に良く合うストリングス用シンセです。

「Chromaphone2」は僕の大好きなシンセの一つなのですが、金物系やパーカッション系のサンプル音をシンセサイザーのように変化させることのできる少し変わったソフトシンセです。サイケデリックな金属音やヒーリングサウンドをつくることもできますよ。

以上の3つは、どれも普通のシンセではなかなか出せない「独自のサウンド」を奏でることができるので、そういった音を制作に取り入れてみたいという人にはおすすめです。

【2020年版】プロも愛用するおすすめのソフトシンセサイザー10選 | まとめ

いかがでしたでしょう。

以上、僕がおすすめする10のソフトシンセです。

アナログシンセにしか出せない音というのは依然ありますが「ソフトシンセ=音が悪い」というイメージはもう過去のもので、ソフトシンセは音が良くてプリセットも膨大, 場所もとらない, 劣化しない, 壊れないという様々なメリットを持っています

今日ご紹介したのはどれも素晴らしいシンセサイザーですが、それぞれジャンルによる向き不向きなどがあるので、自分が作りたい曲の雰囲気に合わせてお気に入りを探してみましょう。

⬆目次に戻る

「Plugin Boutique」でのDTMプラグインの買い方【圧倒的にお得】Plugin Boutiqueでの購入方法やお得な使い方を、画像付きで丁寧に解説していきます。セールはあるの?トークンやVCはどうやって使う?といった情報もまとめて紹介しています。...
0